FC2ブログ

 写真だより 佐渡発 

 佐渡の野草や風景を写真で綴るブログです

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡で見られない花 イブキトラノオ  

「佐渡で見られない花」

45回目はイブキトラノオです。


イブキトラノオ(伊吹虎の尾) -タデ科-
(花期:7~8月)

北海道から九州の山地帯から高山帯の
日当たりのよい草原によく群生します。

名まえは滋賀県伊吹山に多いことから。
花穂の形を虎の尻尾に見立てています。
(撮影地:広島県)
イブキトラノオ2





夏らしい入道雲をバックに撮影してみたら
いい具合にハナバチが飛んでくれました。
イブキトラノオ4




本家伊吹山にも見劣りしない吾妻山の見事な群生。
イブキトラノオ3








ブログを更新する環境にないので春までしばしお休みします。3月半ばには再開する予定ですので引き続きよろしくお願いします。




スポンサーサイト

佐渡で見られない花 ダイセンクワガタ  

「佐渡で見られない花」

44回目はダイセンクワガタです。


ダイセンクワガタ(大山旗竿) -ゴマノハグサ科-
(花期:5~6月)

草丈は20㎝ほどで日本固有種。名まえは、鳥取県の大山で発見されたことから。
ミヤマクワガタの一変種とされ萼裂片が尖らないことなどの違いがありますが、
特にこれを区別しない見解もあります。高山の砂礫地や岩場に生えます。
(撮影地:鳥取県)
ダイセンクワガタ4




大山では普通に見られますが、中国山地の山では稀です。
ダイセンクワガタ2




花弁の紫色の筋と日本の長い雄しべが目立ちます。
ダイセンクワガタ7





佐渡で見られない花 ミヤマヨメナ  

「佐渡で見られない花」

43回目はミヤマヨメナです。


ミヤマヨメナ(深山嫁菜) -キク科-
(花期:5~6月)
数少ない春に咲く野菊のひとつ。
これまで紹介してきた植物には
文献上は佐渡に自生する種も
少なからずあり、本種も佐渡に
自生の記録があります。

本種の園芸種が「ミヤコワスレ」で
これは、佐渡でもお寺の境内などで
何度か見かけました。
ミヤコワスレには濃い紫やピンク
などの色変わりがありますが、
自生種は淡青紫色です。

(撮影地:広島県)
ミヤマヨメナ3





これは、県北の登山道で撮影したもの。
この時季、この風景が見たくて訪れる人
もいますが、知る人ぞ知ると言った感じで
さほど多くの人を見かけることはありません。
ミヤマヨメナ1




まさにミヤマヨメナロードです。
ミヤマヨメナ6






山からの帰り道に別の場所で見つけた群生です。
ミヤマヨメナ4
凄い群生ですが、広島県でもそんなにたくさん見られるわけではありません。





ミヤマヨメナ5


佐渡で見られない花 ササユリ  

「佐渡で見られない花」

42回目はササユリです。


ササユリ(笹百合) -ユリ科-
(花期:6~7)

西日本にササユリ、東日本にヤマユリ
清楚なササユリ、豪華なヤマユリ
日本を代表する二種のユリ

越後には自生するようですが
佐渡には自生していません。
佐渡はヤマユリばかりです。

(撮影地:広島県)
ササユリ3




淡いピンクの花と漂う芳香に気品を感じます。
ササユリ1


 

梅雨時の花で雨も似合います。
ササユリ2


最近は非常に少なくなり、管理地以外では
ほとんど見かけなくなってしまいました。
かなしいですね、さみしいですね。



さらに希少なのはヒメユリ。
これはもう広島県では風前の灯です。
この山もヒメユリが咲く山として名が知れ
これを見に登山する人が多い。
見るだけ撮るだけならいいのだけれど…

ヒメユリ(姫百合)

ヒメユリ

佐渡で見られない花 シライトソウ  

「佐渡で見られない花」

41回目はシライトソウです。


シライトソウ(白糸草) -ユリ科-
(花期:5~7月)

白い糸を束ねたような花の姿が名の由来です。
(撮影地:広島県)
シライトソウ




梅雨時のむしむしする中でこの花を見れば
幾分涼しく感じることができるでしょうね。
シライトソウ2




瓶を洗うブラシのような花穂と喩えた解説も
ありますが、それではちょっと味気ない。
シライトソウ4




雨に濡れれば、えも言われぬ美しさ。
洗った後のブラシなんて言わないで!
シライトソウ5













▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。