fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

素浜海岸 春の花1 ハマダイコン  

素浜海岸は佐渡で最も長い砂浜
佐渡の海岸の花と言えば、初夏に咲く
トビシマカンゾウとスカシユリ(イワユリ)ばかりが
クローズアップされるが春の花も見逃せない。

素浜海岸で撮影した花を3回に分けてお届け
します。

ハマダイコン(浜大根)

春の海岸で最も目立つのがこの花。
海岸沿いの道の両側に大群生して
浜大根のフラワーロードになっている
IMG_7175ハマダイコン



IMG_7127ハマダイコン



IMG_7082ハマダイコン


花は大根の花によく似ている
IMG_7067ハマダイコン


通りがかった軽トラックの人が車を停めたので
「浜大根を撮影している」と私が言ったら
花が咲く前に大根を掘り、
おろして薬味にするのだと教えてくれた。

浜大根は野菜の大根の原種ともいわれる。
スポンサーサイト



ニリンソウ  

ニリンソウ(二輪草)


至る所でニリンソウが花盛りになり
登山道へ続く道は、轍(わだち)以外
ニリンソウで埋め尽くされている
IMG_7420ニリンソウ




足の踏み場もないとはまさにこのこと
IMG_7437ニリンソウ




撮影の足場を確保するのも困難なほど
IMG_7435ニリンソウ



イチリンソウの別名をウラベニイチゲと言うが
ニリンソウも裏面が赤味を帯びたものがある
IMG_6617ニリンソウ




1茎に2輪咲くのでニリンソウ
IMG_7461ニリンソウ




ところが、3輪付くものも少なくない
IMG_7484ニリンソウ




ニリンソウの花弁に見える部分は萼片で
普通は白色で5弁あるが数の変異は大きく
20弁ほどあるものを見たこともある。
IMG_7436ニリンソウ





希に、先祖返りして緑色をしたものがあり
ミドリニリンソウと呼ばれる
IMG_7419ニリンソウ





最後は、流れの畔に咲いた花に
水のきらめきを円ボケにして入れた
IMG_6324ニリンソウ

オオタチツボスミレ  

スミレの第9弾は・・・

オオタチツボスミレ(大立壺菫)

タチツボスミレに似て、全体に大型であることが
名まえの由来だが、個体差がありそれだけで
判断できないのがスミレの難しいところ。

椿登山口へのアクセス道で見つけた群生
IMG_7458オオタチツボスミレ



図鑑的に撮るとこんな感じ
葉は心形で葉脈に沿って凹みがある
IMG_7739オオタチツボスミレ



上と下の写真を見比べてみると分かるように、
花の色には変異が多い。
IMG_7508オオタチツボスミレ




距は白くやや上向きにわい曲する
IMG_7511オオタチツボスミレ

オトメエンゴサク  

オトメエンゴサク(乙女延胡索)

特徴のある花が美しい
IMG_7330オトメエンゴサク




野草図鑑「佐渡の花」にはエゾエンゴサクの
名で掲載されているが、近年オトメエンゴサク
とされた。
IMG_7206オトメエンゴサク



名まえが変わると印象も変わる
というか、私は図鑑のエゾエンゴサクの名に
最初から違和感を覚えていたので
これで気分的にすっきりした。
IMG_6501オトメエンゴサク

イワフネタチツボスミレ  

スミレの第8弾は

イワフネタチツボスミレ
(岩船立壺菫)


オオタチツボスミレとナガハシスミレの交雑種で
葉はオオタチツボスミレの特徴を持ち
距は長い(ナガハシスミレほど長くはない)
IMG_7152イワフネタチツボスミレ




IMG_7158イワフネタチツボスミレ




IMG_7270イワフネタチツボスミレ



近くにナガハシスミレがあったが
オオタチツボスミレは見当たらなかった

▲Page top