写真だより 佐渡発 

小佐渡 里山 秋の花5  

小佐渡 里山 秋の花5

アケボノソウ(曙草) -リンドウ科-


秋を代表するリンドウの仲間
同じリンドウ科に薬草として有名なセンブリがあり
アケボノソウはリンドウ科センブリ属

端正な5弁の花は
黄緑色の蜜腺といい、先端部の斑点といい
美しさが際立ちます。

アケボノソウ

スポンサーサイト

小佐渡 里山 秋の花4  

小佐渡 里山 秋の花4


クズ(葛) -マメ科-

クズも秋の七草のひとつ。
7つのうちの2つがマメ科というのは面白い。
今ではクズは山の斜面を覆うほど蔓延っていてどちらかというと嫌われ者ですが
万葉の昔はクズの芋に含まれるでんぷんは貴重な栄養源だったのでしょう。
おそらく今のように蔓延ることなく、ひととうまく共存していたのでしょう。

クズ

小佐渡 里山 秋の花3  

小佐渡 里山 秋の花3


ヤマハギ(山萩) -マメ科-


秋を代表する花で、秋の七草のひとつ。

萩の花 尾花(をばな) 葛花(くずはな) 女郎花(おみなへし) また 藤袴(ふじばかま) 朝顔の花    
秋の七草を詠んだ山上憶良の有名な歌
万葉集には萩の花が最も多く詠まれているそうです

ヤマハギ3




ヤマハギ1





ヤマハギ2

小佐渡 里山 秋の花2  

小佐渡 里山 秋の花2


ヒガンバナ(彼岸花) -ユリ科-


佐渡にはヒガンバナが多くないというのが私の印象。

どこかに群生していないだろうかと探していたら
家からさほど遠くないところにありました。
一昨年も昨年も通った場所なのに気づきませんでした。


ヒガンバナ1




ヒガンバナ2




ヒガンバナ3




ヒガンバナ4




ヒガンバナ5

小佐渡 里山 秋の花1  


小佐渡 里山 秋の花1

ミソハギ(禊萩) -ミソハギ科-




これは、田のほとりに植えてあったもの。
ミソハギは盆花として使われるために
このように植えられているのをときどき見かけます。
湿地を好むので、生育に適した環境なのです。      岩首棚田にて

ミソハギ1




こちらは、杉池のひょうたん池のほとりでさつえいしたもの。

ミソハギ


▲Page top