fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

寒波襲来 5  

最後に向かったのは「四段の滝」
時刻は10時を過ぎ、日も射していたので
あまり期待はしていませんでしたが・・・


滝には日が射しておらず、
思った以上に凍っていました。
IMG_4667四段の滝1



この滝は右から滝に迫ることが出来るので
滝壺のほとりから凍った飛沫を撮影。
IMG_7828四段の滝2




最後は滝の脇の氷柱を主役に撮影したら
迫力のある写真になりました。
IMG_7837四段の滝3

26日の山野峡はこれで終わりです。
スポンサーサイト



寒波襲来 4  

次に向かったのは猿鳴橋付近。
ここは山蔭なので氷が融けにくい場所です。

IMG_7780凍る渓流4




石庭をイメージして撮影。
IMG_7765凍る渓流5




流れが急なところでは飛沫が凍り、
面白い造形になります。
IMG_4644凍る渓流



その造形美をクローズアップ。
IMG_4641凍る渓流2



さらにクローズアップ。
IMG_4627凍る渓流3


もう一カ所行ってみることにしました。

続きは明日。

寒波襲来 3  

25日より26日の方が冷え込みが強く
もう一度山野峡方面へ撮影に・・・。
25日と重ならない場所を選んで撮影して
きました。(車の温度表示 -8℃)

まず向かったのは「幻の滝」
ここは道路から見えず、名まえもない小さな滝。
冷え込むと岩肌を流れ落ちる水がよく凍るので
「幻の凍る滝」と勝手に呼んでいます。
IMG_7710凍る滝1



簾のような氷柱
IMG_4580凍る滝4



飛沫がかかる場所は見事に凍っていました。
IMG_7699凍る滝3



IMG_7704凍る滝2



流れと氷柱
IMG_4609凍る滝6




氷柱の先が水面に達すると、膨らみます。
IMG_4625凍る滝7

明日につづく。

寒波襲来 2  

キャンプ場へ下りてみると
これまた予想通り、朝日に照らされた山肌を
映して色づく水面に雪を被った岩が
浮かび上がっていました。
岩のラインを意識して構図を決めています。
IMG_7628山野峡1




河原を歩くと、ここにも氷雪紋。
これも氷雪紋が描くラインが構図の決め手です。
IMG_7651氷雪紋2



川面を撮影していると、一瞬、風が吹き
雪煙が舞い上がったので、咄嗟に三脚から
カメラを外しレンズを向けて撮影。
つかの間の出来事に臨機応変に対応できることも
重要な撮影技術です。
IMG_7648雪煙





日が当たると、氷はみるみるうちに融け
氷雪紋も消えていきました。
IMG_7692氷雪紋3


車の温度表示は-5℃。思ったほど冷えず
北海道の予行練習にはなりませんでした。

何しろ、今度行く北海道の朱鞠内湖周辺の
最低気温は予報では-20℃。風が吹けば
さらに体感温度は下がるでしょう。
万全な防寒対策で撮影に臨みたいと思います。


寒波襲来  

24日夜から寒波が襲来し、25日は冷え込んだ
朝になりました。来月、北海道へ行くので、
その予行練習を兼ねて撮影に出かけました。
向かった先は、いつもの山野峡。

最初に向かったのは最北部の猿鳴峡の
さらに上流にある小さなダム。
予想通り、氷雪紋が出来ていました。

氷雪紋 1
IMG_4486氷雪紋




氷雪紋 2
IMG_7577氷雪紋1




氷雪紋 3
IMG_7613氷雪紋4


次に向かったのは山野峡キャンプ場。
続きは明日。

▲Page top