写真だより 佐渡発 

スプリングエフェメラル8 キバナノアマナ  

キバナノアマナ(黄花の甘菜) -ユリ科-


アマナよりさらに小さなキバナノアマナ
草原ではなく林床に咲く
アマナが群生するのに対して
キバナはぽつりぽつりと咲くから
注意深く見ないと見落としてしまう
だから、見つけた時の喜びも大きい

ひとつ見つけたら、辺りをよく見るとよい
そこにひとつ、あそこにひとつとみつかるにちがいない

キバナノアマナ




キバナノアマナ2




キバナノアマナ3

スポンサーサイト

スプリングエフェメラル7 アマナ  

アマナ(甘菜) -ユリ科-

かつて佐渡は牛の放牧が盛んにおこなわれ
至る所に放牧され、そこがシバ草原になっていた
現在も放牧はされるがその数は少ない

まだ芽吹かない草原の枯草の間にいち早く花を咲かせるアマナ
ユリ科のチューリップに近い仲間で、いわば和製チューリップ

草丈10㎝にも満たないのなんと愛らしいことよ

アマナ6



アマナ1



アマナ2

スプリングエフェメラル6 アズマイチゲ  

アズマイチゲ(東一花) -キンポウゲ科-


キクザキイチリンソウによく似ていて
同じような場所に生えるので、いっしょに見かけることも珍しくありません
慣れてしまえば見間違えることはありません

キクザキイチリンソウの花は白、青、紫と多彩なのに
アズマイチゲの花は基本白色です
アズマイチゲ1



急な斜面で必死に上向きに咲いていました
撮影する私も滑り落ちないように必死でした
アズマイチゲ5



フクジュソウの群生地の中で
アズマイチゲ3




フクジュソウの黄色をぼかして
アズマイチゲ2



ピンクのアズマイチゲ  珍しい!
アズマイチゲ4

スプリングエフェメラル5  オオミスミソウ  

オオミスミソウ(大三角草) 別名:ユキワリソウ -キンポウゲ科-


こんなに多彩な色を持つ花が他にあるでしょうか?
白、ピンク、青、紫・・・
蕊の色にも変化があり
花弁の形にも変化があり
一重のものも八重のものもあり
それらの組合わせは無尽蔵
それ故に、山野草愛好家から絶大な人気があり
ユキワリソウの展示会があちこちで行われている

私も山野草をこよなく愛しているけれど
たぶん山野草愛好家とは呼ばない


余分なコメントはしません
多様な変化を楽しんでください


オオミスミソウ1




オオミスミソウ5



オオミスミソウ2




オオミスミソウ3




オオミスミソウ4

オオミスミソウはこれからも様々なタイプのものをお届けしていきたいと思います

スプリングエフェメラル4   

紹介した3種のキンポウゲ科の花のほかにも
まだまだたくさんありますが、ひとまず終わりにして
他の花を紹介します




フキ(蕗) -キク科-

フキの花がふきのとう(蕗の薹)
庭先にたくさん顔を出しています
少しだけ摘み取ってフキ味噌を作りました

庭のふきのとう
ふきのとう1




これくらい大きくなってもまだ柔らかくて食べることができます
ふきのとう2





久知八幡宮の境内で
ふきのとう3

▲Page top