fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

あみん周辺で オランダミミナグサ  

今日は・・・オランダミミナグサ

オランダミミナグサ(和蘭陀耳菜草)

オランダミミナグサ(葉が緑で十文字)と
オオイヌノフグリ(色が茶色の葉)は
セットで生えていることが多い。
IMG_9127オランダミミナグサ


IMG_9262オランダミミナグサ




IMG_3789オランダミミナグサ





IMG_9071オランダミミナグサ




日が射すと辺りの霜が輝き、虹色で美しい。
肉眼では美しいのに、レンズで焦点を合わすと
虹色は消えてしまう。
手前のオランダミミナグサにピントを合わせ
バックをぼかすと、再び虹色が現れる。
IMG_9246オランダミミナグサ



明日はいよいよ いがりまさしさんのライブ

  『映像詩生演奏とお話し』
~植物に託された地球からのメッセージ~


開催日となります。

この時期なので降雪を心配していましたが
どうにかそれは回避出来たようで
ほっと胸をなで下ろしています。
スポンサーサイト



あみん周辺で ヒメオドリコソウ  

ヒメオドリコソウ
ホトケノザ同様、この時期に咲く野草は
霜にめっぽう強い。
IMG_9103ヒメオドリコソウ




だいぶ伸びてきた
IMG_9113ヒメオドリコソウ




霜が融ければごらんのとおり
何事もなかったような姿に。
写真に写っているのは、葉の切れ込みが深い
モミジバヒメオドリコソウ(キレハヒメオドリコソウ)というタイプ。
IMG_9660ヒメオドリコソウ



いがりまさしさんのライブ
『映像詩生演奏とお話』が明後日になりました。
70名ほどの予約があり、予約なしで当日来られる方もあるかと思いますので、お早めにお越しください。特に『あみん』で食事をされる方はお昼の混雑が予想されますので、時間をずらしてお食事されることをお勧めします。

あみん周辺で スイバ  

何回登場させれば気が済むんだと言われる
かも知れないが、好きなんだなあ。

ということで今日はというか今日もというか

スイバ(酸葉)の登場


日が射す前のスイバ
IMG_9073スイバ




針状の霜が葉の縁に沿うように付いている。
IMG_9150スイバ





日が射した瞬間、辺りが虹色に輝き始める。
IMG_9189スイバ





早起きして撮影する私の気持ちに
少しでも共感してもらえるでしょうか。
IMG_9213スイバ

あみん周辺で ホトケノザ2  



このホトケノザをモデルに決定。
IMG_9317ホトケノザ




左の花を接写。
日が射すと霜の結晶はすぐに融け始めるので
このようなシャープな結晶が撮影出来るのは
ほんの一瞬。
IMG_9324ホトケノザ




別のものを撮影して戻ってくると、すっかり霜は
融けて、水滴になっていた。水滴も美しい!
IMG_9399ホトケノザ




OLYMPUS TG7の顕微鏡モードで接写したら
ばっちりピントが来て、背景も程よくボケて
くれた。TG7は優れものだ!
P2170039ホトケノザ




水滴もすっかり蒸発したホトケノザを
青い空に抜いてみた。
IMG_9572ホトケノザ

あみん周辺で ホトケノザ1  

写真展会場あみん周辺の最低気温-5℃の朝
日の出前に着くように出かけて、霜を撮影した。

その中から、今日はホトケノザ


びっしりと霜を纏っていた
IMG_3766ホトケノザ




野菜は霜に遭うと商品にならないものもあるが
ホトケノザは霜にもびくともしない逞しさがある。
IMG_9119ホトケノザ





IMG_9277ホトケノザ




日が射してきた。
もたもたしているとたちまち融けてしまうので
急に慌ただしくなる。
IMG_3795ホトケノザ




逆光に浮かび上がるホトケノザ
IMG_9174ホトケノザ

霜の撮影を終え、写真展会場へ
ほどなく、クロネコヤマトの宅急便が
「あみん」に届き、それは私宛だった。
何かと思って、大きな段ボールを開けると・・・

なんと、かかりつけの歯科医院の院長から
胡蝶蘭が届いたのでした。有り難いことです。
IMG_3800写真展会場

帰りに歯科医院へ寄り、感謝の気持ちを
伝えました。

明日は、日が射し秒刻みで慌ただしく撮影した
ホトケノザの写真をお届けします。

▲Page top