fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

  

近所歩き


木の花を二題



ヤブツバキ

近所にはツバキの木が多い
庭にも林にも
園芸種も野生種も

カメラのレンズが曇って
淡い雰囲気になったので
そのまま写しました。

ツバキ




レンズを拭いて写したらこんな感じです。

ツバキ2










白梅



雪がちらつく中で咲いていました。

白梅1




ああ、春だなあ!

白梅2





アップで

白梅3






枝に積もった雪を前ボケにして

白梅4
スポンサーサイト



春の雪  

春の雪


雪が降っても、もうそれは春の雪
冬のそれとは明らかに違います。
春の日差しを受けて、眩いほどの白さ


雪景色1



雪景色2


春を見つけに近所歩きに出かけました。

仏岩  

仏岩



羽二生の仏崎には、かつて遊歩道が整備されていたようです。
なるほど、海岸には岩が聳えここから見る大佐渡は絵になります。
いつのことか、ところどころ崩れ、特に途中の橋が崩壊しているので
今は通ることができません。
行ける所まで行って撮影しました。




仏岩(?)と大佐渡の山々

仏岩1




仏岩2

入港するときわ丸  

入港するときわ丸



岩の上で羽根を休めるウミウたち

翅を休める鵜



そこへ、
11時55分着のフェリーが両津湾に入ってきました。
さながらウミウたちのお迎えです。

ときわ丸1





海から突き上げるようにそびえる金北山は
実際の標高以上に高く見えます。
間もなく入港するときわ丸

ときわ丸2








羽二生の海岸より  

羽二生の海岸より


佐渡の東海岸にやってきました。



羽二生の海岸からみた大佐渡の山々

絵になる風景ですが、
東海岸を訪れる観光客は少ないようで、
ましてや、シーズンオフの今は静かです。
波も、冬とは思えない穏やかさです。


羽二生より大佐渡の峰々

冬の晴れ間  

冬の晴れ間




霜の撮影は慌ただしい。
日が射すと瞬く間に融けて
何事もなかったかのように
普通の姿に戻ってしまう。

霜の撮影を切り上げて
雪を抱く大佐渡の山々を撮影することにしました。



金井神横山方面からの金北山
田に雪はありますが、日差しは春そのもの
間もなく雪も融けて
里から山に向かって春が徐々に進んでいくことでしょう。

金井横山付近から金北山



春が来たようないい天気に誘われて、
両津湾を挟んで大佐渡が見渡せる場所まで足を延ばすことにしました。

霜-6 セイヨウタンポポ  

霜-6 セイヨウタンポポ





日が射せば、すぐに花を開くために
雪の中から顔を出すタンポポも開花の準備を整えています。

セイヨウタンポポ


霜のシリーズはこれでおしまい。

霜-5 落ち葉  

霜-5 落ち葉


落ち葉に降りた霜。
霜が降りていなければ
レンズを向けることはなかったでしょうね。



枯れ葉霜


霜が降りた寒い朝、
地べたに這いつくばっている私は
どう見ても、変なおじさん。

実は、一度だけ したいに間違えられて
警察に通報されたことがあります。

霜-4 カラシナ?  

霜-4 カラシナ?




たぶん、アブラナ科の植物と思う。
葉っぱだけでは見分けがつかず、
しかも、畑のほとりなので栽培品種かも。
こちらも霜によって、見事に飾り立てられた。
霜はやっぱり素晴らしい芸術家。

カラシナ?霜



霜-3 オオイヌノフグリ  

霜-3 オオイヌノフグリ



ヒメオドリコソウとともに、春いち早く咲くのがオオイヌノフグリ。
ブルーの花が愛らしい。
霜に見舞われて凍えているようにも見える。
しかし、霜が融けて日が射せば花を開く。


オオイヌノフグリ霜

▲Page top