fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

初秋の花々7 ヌスビトハギ  

初秋の花々7

昨日、ひっつき虫を紹介したので
今日もひっつき虫を紹介します。



ヌスビトハギ(盗人萩) -マメ科-

何とも面白い名前の植物です。
植物学者牧野富太郎先生の説は
古来の泥棒は足音を立てないように、足裏の外側だけを地面に着けて歩いたとのことで、果実の形がその時の足跡に似ている
というもの。
別に、盗人が気づかないうちにその種子が取り付くので・・・という説もあるようですが
私は、この実を見るたびに牧野先生の説を思い出して、ニンマリしてしまいます。
ヌスビトハギ1



中央右寄りに写っているのが果実です。
撮影に夢中になっていると、気づかぬうちに引っ付いてしまうので要注意!
ヌスビトハギ2

スポンサーサイト



初秋の花々6 キンミズヒキ  

初秋の花々6

キンミズヒキ(金水引) -バラ科-

細長い黄色の花穂を金色の水引きに喩えた名まえ。
ミズヒキはタデ科の植物で、こちらは紅白の水引きに喩えた名まえ。(後日紹介できるでしょう)

山野にふつうに生えるので見かけるのは難しくありませんが
これほど密に群生しているのは珍しいでしょう。
キンミズヒキ3




キンミズヒキ4

花の後の実には鉤状の刺があり、服などによく引っ付く、いわゆるひっつき虫(くっつき虫)です。

初秋の花々5 ゲンノショウコ  

初秋の花々5

ゲンノショウコ(現の証拠) 別名:ミコシグサ(神輿草) -フウロソウ科-

食あたり、下痢の民間薬として昔から利用されてきた薬草。
その効き目は確かで『現の証拠』というわけ。
カタカナでは覚えにくくても漢字にして意味を知れば覚えやすい。

佐渡のものはほとんどが白花。
ゲンノショウコ2



葉は3裂か5裂。
ゲンノショウコ1



白花の花弁には赤紫の筋が入り
雄しべの葯は青紫、雌しべは五裂しピンク色
アップで見るととても洒落ています。
ゲンノショウコ3

別名のミコシグサの由来は改めて紹介するチャンスがあると思います。


初秋の花々4 マルバキンレイカ  

初秋の花々4


マルバキンレイカ(円葉金鈴花) -オミナエシ科-

オミナエシの自生は見かけませんが
大佐渡の尾根付近のザレ場や岩場にオミナエシ科のマルバキンレイカが自生しています。
花だけみればオミナエシに似ていますが、葉が大きく全体の姿は逞しく感じます。
高山に自生するハクサンオミナエシは佐渡にはありません。

マルバキンレイカ





初秋の花々3 オトコエシ  

初秋の花々3


オトコエシ(男郎花) -オミナエシ科-

秋の七草、オミナエシに対する名。
姿はよく似ていて、名まえの通りオトコエシの方が逞しい印象があります。
オミナエシの花は黄色でオトコエシは白いので見分けは簡単です。
オトコエシ1



佐渡ではオトコエシはよく見かけますがオミナエシはほとんど見かけません。
たまに見かけるとそれは、民家の庭や畑のほとりなどで
純粋に自生と思われるものには出逢ったことがありません。
オトコエシ3



小さな花が密集して咲きます。
オトコエシ2

初秋の花々2 チョウジギク  

初秋の花々2


チョウジギク(丁字菊) -キク科-

インドネシア原産のクローブ(和名:チョウジ)の花に似ていて
キク科の植物ということでチョウジギク。
花を横から見ると、そう思ってみれば「丁」の字に見えます。
チョウジギク3




佐渡に来て初めて見た植物で、
白い綿を纏ったような花茎の先に黄色い筒状花を付けいわゆる花びらはありません。
その独特な花は一度見たら忘れることはないでしょう。
チョウジギク1




湿地に生えるので、湿地の減少と共に個体数も減っているようです。
チョウジギク2

いつまでも咲き続けてくれることを願うばかりです

初秋の花々1 マツムシソウ  

初秋の花々1

マツムシソウ(松虫草) -マツムシソウ科-

あれ松虫が鳴いている
チンチロ チンチロ チンチロリン

今こうしてブログを更新している間にも
窓の外から盛んに虫の声が聞こえてきます。
コオロギ、スズムシ・・・
マツムシの声は聞こえてきません。

マツムシが鳴くころに咲くということですが
マツムシの鳴き声が判る人は少ないのではないでしょうか。

佐渡でマツムシソウを見ようと思ったら
その名もマツムシ平へ行けばいいでしょう。

マツムシ平で撮影したマツムシソウです。


妙見山山頂付近の大群落
マツムシソウ1



マツムシ平付近のザレ場に咲くマツムシソウ。
高山植物然としていてタカネマツムシソウと言ってよい個体です。
マツムシソウ2



マツムシソウ3



マツムシソウ4


不揃いな花弁がマツムシソウの特徴です。
マツムシソウ5


  

夜は布団をかけないと寒いほどに涼しくなり
これですんなり秋に移行するかと思っていたら
また真夏に逆戻りで昨晩は寝苦しい熱帯夜となりました。


それでも空を見上げると秋を思わせる爽やかな雲が見られるようjになりました。
 


スヌーピーが佐渡の空を翔けている・・・ように見えませんか?
雲1



佐渡はひこうきの通り道
雲3




鰯かな 鯖かな 羊かな 鱗かな
雲4



登り龍
雲2

夏の砂浜の花4 ハマゴウ  

夏の砂浜の花4

ハマゴウ(浜栲) 別名:ハマボウ、ハマハイ -クマツヅラ科-

北の浜に咲くハマナスに対して南の浜を代表するのがハマゴウ。
佐渡にはどちらもたくさん自生しています。
佐渡は北方系の植物と南方系の植物が混在する特異な島なのです。


一面のハマゴウ
こんな砂浜は全国的に少なくなりとても貴重です。
ハマゴウ1



ネコノシタ同様、砂の上を這うように茎をのばしていきます。
ハマゴウ3



焼けるような砂の上で涼しげな色の花を咲かせます。
ハマゴウ2

夏の砂浜の花3 スナビキソウ  

夏の砂浜の花3

スナビキソウ(砂引草) 別名:ハマムラサキ(浜紫) -ムラサキ科-

蝶は幼虫の食草や成虫の吸蜜する花が決まっているものが多く
台湾や沖縄辺りから渡ってくる蝶、アサギマダラは海岸に咲くスナビキソウと
山に咲くヒヨドリバナの仲間を特に好んで吸蜜します。
ヒヨドリバナの吸蜜はよく目にしますが、スナビキソウの吸蜜はまだ見たことがありません。

花期は5月から8月で、ほぼ花の終わった株ばかりでしたが
この一角だけ花が咲いていました。
スナビキソウ1


白花の中心が黄色いのが特徴です。
スナビキソウ2



▲Page top