fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

彼岸花 3  

25日のリベンジで、再び芦田川河川敷へ行ってみました。(27日)

河川敷には思っていた以上に彼岸花がたくさん咲いて、朝日が昇る前に撮影を開始しようと急いで撮影準備をし、
いざ撮影に取り掛かろうとしている所へ、散歩の人が声をかけてきました。
「何を撮影するの?」
「彼岸花です」
「彼岸花なら近くにもっとたくさん咲いているところがあるから、そっちに行った方がいいよ」
「どこですか?」
「教えるからスマホの地図を開いて」
こんな会話をして、場所を教えていただくと、車で3分ほどの場所なので、日の出に間に合うと思い、お礼を言って急いで向かったのでした。



その場所は芦田川の河川敷ではなく、小さな支流沿いの田の土手でした。
ヒガンバナ1



白花もたくさんありました。
撮影していると近所の人に声を掛けられました。
聞くところによると、田の畦などに咲いていたヒガンバナを何年かかけてこの土手に移植されたのだそうです。
白花は九州から取り寄せて植えたとのこと。毎年ヒガンバナの花茎が伸び出す前の9月初めに土手の草刈りをするそうです。
「何にもしないで、撮影だけしに来て申し訳ありません」と私が言うと、
「どうぞなんぼでも撮ってください」と言って家に戻って行かれました。
ヒガンバナ2

こういう嬉しい言葉を聞いて、私が最も意識するのは撮影マナー。
私の撮影マナーが悪ければ、私だけでなく他のカメラマンまで、こんな言葉をかけていただけなくなるからです。




一本の背の高いヒガンバナは、まるで私を主役にしてと言っているかのようでした。
ヒガンバナ4






田の畦から、実った稲穂越しにヒガンバナを狙いました。
ヒガンバナ7





土手を見上げると、ヒガンバナのシルエットが郷愁を誘います。
肉眼ではヒガンバナはもっと明るく、こんな風には見えません。
カメラアイになることで写真的な情景が見えてくるのです。
ヒガンバナ8





今、陽が射したばかりのヒガンバナとまだ日陰のヒガンバナの明暗差でヒガンバナを浮き立たせてみました。
これも肉眼ではこんな風には見えません。肉眼では背後のヒガンバナがもっと明るく見えているのです。
ヒガンバナ9




土手に上がって撮影を続けました。

ヒガンバナは傷みやすい花なので、撮影には注意が必要です。
心地よい並びで、しかも花が傷んでいないシーンを見つけて写します。
ヒガンバナ10





こんなに立派な花を咲かせるのに、結実しないため種で増えることができず、もっぱら、鱗茎(球根)を増やして繁殖していくのです。
彼岸花が生えている場所が農耕地や集落の近くなので、純粋な自生種ではないという説があります。古く中国から半作物として入ってきたのではないかというものです。
中国には結実する彼岸花(2倍体)と結実しない彼岸花(3倍体)の両方があるそうで、日本に入ってきたのが結実しない彼岸花だったのではないかというのです。
彼岸花には毒がありますが、適切に毒抜きの処理すれば食べられるとのことで、田の畦や家の近くに植えておいて、普段は食べないが飢饉などのときに食べる、いわば救荒用に育てられていたという仮説です。
なるほどと、そう思わせるような場所に彼岸花は咲いています。
河川敷に多いのは、人為的に植えたものもあるでしょうが、洪水などによって鱗茎が流されてきたとも考えられます。

食べなくとも、見だけでも美しいヒガンバナ。
ヒガンバナ11





白花は、背後の赤花に重ねることで、強調しました。
ヒガンバナ5




アングルを下げ、背の高い一輪だけに焦点を当て、他は大きくぼかしてみました。
背景に色づいた稲を入れることで、いっそう季節感が出たと思います。
ヒガンバナ6




ちょっと変わった感じの写真も撮っておきました。
ヒガンバナ12

丁度この写真を撮っている時に、目の前の家の人が出てこられて
「いい写真が撮れましたか?」と声をかけてこられました。
この写真を見せると、ちょっと驚いた顔をされました。
「うちの庭に黄色いヒガンバナが咲いているから、撮って行きなさい」

この土手のヒガンバナも植栽と言えば植栽ですが、庭の植栽はどうも私の琴線に触れません。
でも、折角なので撮らせていただくことにしました。
リズミカルな並びでしたが、今一つこのリズムに乗れない私なのでした。
ヒガンバナ13

撮影のお礼を言って帰ろうとすると、「○○町の○○○○の土手には、ここの何倍もたくさんのヒガンバナがありますよ」と教えていただきました。

折角教えていただいたので、そちらに向かってみることにしました。

続きはまた明日!もう少し彼岸花にお付き合いくださいね。


スポンサーサイト



彼岸花 2  

25日は一日中雨の予報でしたが、朝起きたら雨が降っていなかったので芦田川の河川敷へ行ってみました。
支度して家を出るときには、再び雨が降り始めていました。
土手を走っていると、まだ薄暗い中、咲いているヒガンバナが見えたので車を脇に止めました。
遠目にもヒガンバナの根元に白い花が咲いているのが見えました。
何の花だろうと思って、近づいてよく見ると・・・
誰かが採取したヒガンバナの花茎の切り口がそっくり返って白く花のように見えたのでした。
ヒガンバナ8





この写真の円ボケは、土手を走る車のヘッドライト。
すでに日の出時刻から一時間経っているのに、この暗さ。
雨は止むどころか、ひどくなるばかりです。
この写真を撮影して、家に帰ろうと車に乗りこんだ途端本降りに。
ヒガンバナ9



という訳で、撮影枚数30枚、滞在時間10分の撮影でした。

今日はこれでおしまい。もう少しヒガンバナに付き合ってくださいね。

お待たせしました! 彼岸花 1  

例年より遅れてヒガンバナが咲き始めました。
咲き始めたかと思ったらたちまち白けて末枯れてしまうので、一気に撮影しなければなりません。

今日は、先日下見に行った場所の彼岸花です。(24日撮影)

平地や田の畦、土手に咲くイメージがありますが、ここは山の斜面に咲きます。
個人所有の山で、民家の裏山といった感じです。
この写真でもかなりの群生地だということが分かりますが、実際目にするとこの何倍ものスケール感があります。
ヒガンバナ1





ヒガンバナの開花に合わせて、ていねいに草刈りされています。
現在この家の主は、別の場所に居を構えられ、ときおり帰ってこられて掃除や草刈りなどをされています。
何度かお話したこともあり、撮影させていただいたお礼にヒガンバナの写真を差し上げたこともありました。
ヒガンバナ6





この日も家には誰もいらっしゃいませんでした。
でも、ヒガンバナの咲く時期に合わせて下草はていねいに刈られていました。
ヒガンバナ4




裏山は、その家の墓地にもなっています。
こんな場所ですから、許可なく撮影するのはマナー違反です。
ヒガンバナ2





以前お話をしたとき、留守の時でもどうぞ撮影してくださいとおっしゃっていただいてはいるのですが、
それって有効期限があるのかなあと思いながら、撮影させていただくことにしました。
念のため、近くで草刈りをしていた近所の人に、経緯を説明して撮影に取り掛かりました。
ヒガンバナ5




撮影したい構図はたくさんあるのですが、斜面なのと、足の踏み場もないほどの彼岸花なのでかなり制約されます。
撮影のためにヒガンバナを踏みつけたりしたら本末転倒なので、撮れるアングルをいろいろ探します。
そうして、望遠レンズでこのヒガンバナを写しました。
ヒガンバナ3





クローズアップもどうぞ。
こんな写真を撮るのだったらわざわざ遠くへ行かなくてもいいのですが、
その場の状況を見て、いろいろと撮影しておきます。
ヒガンバナ7






一叢のヒガンバナの中に咲くアレチヌスビトハギ。
ヒガンバナは主張が強すぎて脇役にしにくい植物ですが、脇役になっているでしょうか?
アレチヌスビトハギ1



花野の植物でもお話ししたように、里山の野草には、適度に人間がかかわることで生育できる植物が少なくありません。
ヒガンバナもその一つで、手入れをし無くなれば、たちまち他の植物に負けてしまうでしょう。
このヒガンバナを維持されているYさんに心からの敬意と感謝を申し上げます。


明日も別の場所の彼岸花です。

蔓植物 4  

今日はウリ科のアレチウリ


アレチウリ(荒地瓜)-ウリ科-

ものすごい勢いで繁殖し、川岸全体を覆うように蔓延っています。
特に、芦田川の支流、高屋川ではすごい勢いで圧倒されるほど。
日本の侵略的外来種ワースト100に指定されている植物で駆除の対象になっていますが
繁殖力に駆除がとても追いつかない状態です。
彼らに罪はないのですが…。
小さくてもなるほどウリ科の花と納得。
アレチウリ1



こうした外来種の繁茂が問題になりますが、彼らが悪いわけでないので、
駆除の対象であることは理解しつつも、先入観無しで撮影することを心掛けています。
憎しみを持てば、この蔓が魔の手のように見えるでしょうね。
アレチウリ2




私には美しい曲線に見えてしまう蔓のライン。
アレチウリ3



今回紹介した野草はすべて外来種で、中には在来種を駆逐する勢いのものもあります。
最初にも言ったように彼らに罪がある訳ではありませんが、どう折り合いをつけるか考えなくてはなりません。
ただ、私が6年間滞在した佐渡では、世界自然遺産である小笠原は別格としても、
利尻、礼文などこれまで訪れた他の離島と比較すると
あまりにも外来種に対して、寛容と言えば聞こえはいいですが無頓着すぎる気がします。
ドンデン高原に外来種のフランスギクを植えてしまったために、今では花の時季には一面がフランスギクのお花畑になります。
見た目にきれいでも、これはやっぱり考えものです。現在駆除活動もおこなっていますが、遅きに失して全く追いついていません。
田の畦にはフランスギク、オオキンケイギク、オオハンゴンソウなどの外来種がたくさん見られますが、
見た目が美しいので、わざわざ刈り残されているのもよく見かけます。
オオミスミソウ、カタクリ、シラネアオイをはじめとする春の草花、トビシマカンゾウなどの初夏の浜辺の植物など、
花の島としてアピールしていて、野草が観光資源である島なのに、ほとんど啓発活動が行われていないのです。


動植物の人為的な移動は余程の慎重さをもって行わなければならないことを痛感します。

蔓植物 3  

昨日午後少しだけ時間ができたので、先日下見をしたヒガンバナの様子を見に行ってきました。
その様子は後日ブログにアップすることにして、今日も蔓植物の続きをアップします。


マルバルコウ(円葉縷紅)-ヒルガオ科-

これまた再登場のマルバルコウです。
花は小さくても、強烈な色で遠目にも「私を撮って!」と惹きつけます。
マルバルコウ1




心地よい並び
マルバルコウ2

たくさんの花の中から、どこをどう切り取るか、それは写し手のセンスに委ねられます。
写し手と観る人の感性が合えば心地よく感じてもらえるわけです。
万人の感性に合う作品など撮れる訳はないので、やっぱり自分が一番心地よいと思う撮り方をしています。





マルバルコウとマメアサガオが並んで咲いていました。
花の大きさはほぼ互角ながら、主役は私と色でアピール。
でも、マメアサガオが無ければこの舞台は成立しなかったでしょう。
マルバルコウとマメアサガオ


ここまではヒルガオ科の蔓植物、3種でした。

蔓植物 2  

マメアサガオ(豆朝顔)-ヒルガオ科-

こちらも再登場のマメアサガオ。
名まえの通り径1.5㎝ほどの小さな朝顔。
マルバアサガオのすぐ近くにたくさん咲いていました。
白と青が隣り合わせで咲いているのを見つけました。
マメアサガオ1

撮影する私の傍を早朝ランニングの人が走り過ぎていきました。





ピンク掛かったのもあります。
葉はマルバアサガオに似たハート型。
マメアサガオ3





三裂したものも見かけます。
朝顔と言えばこの形というイメージがありますね。
マメアサガオ4




こんなのに出逢うと、思わずにんまり。
自然の造形美に感心します。
マメアサガオ5




青い灯りの中に浮かぶマメアサガオ。
青い灯りで引き立ててくれたのはちょうど背後にあったマルバアサガオの花。
マメアサガオ2

絞り、ボケの位置、露出などを変えて、このカットに至るまでに20枚ほど撮影しましたが、
これもデジタルだからできること。フィルムだったらこうはいきません。
その分、フィルム時代に比べてワンカットワンカットに緊張感が薄れてしまっていることは否めませんが・・・。

蔓植物 1   

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、朝晩めっきり涼しくなりました。
近所の河川敷を歩いてみました(21日)が、彼岸花は花茎は伸び出しているもののまだ咲いていませんでした.。
先日下見に行った場所ではもう咲いているかもしれませんが、用事が重なってそちらに行く時間がありません。
ヒガンバナの写真はもう少し待ってください。
その代わりと言っては何ですが、河川敷では蔓植物が花盛りでした。
早朝のひんやりした空気に秋を感じながら撮影してきましたので蔓に咲く植物をお楽しみください。



マルバアサガオ(円葉朝顔)-ヒルガオ科-

再登場ですが、こんな大群生を目にしたら写さない訳にはいかないでしょう。
マルバアサガオ1



同じく野生化したキバナコスモスが良いアクセントに。
マルバアサガオ2



ヒガンバナの下見 5  

湿地の花の続き


ヤノネグサ(矢の根草)-タデ科-

ミゾソバと同じくタデ科の野草ですが、目立ちません。
ミゾソバを撮影する人はいても、本種を撮影するのはかなりマニアックな人。
私がそのマニアックな変なおじさんです。
アキノウナギツカミ1





キセルアザミ(煙管薊)-キク科-

湿地を代表するアザミ。
茎をくるりと曲げて下向きに咲きます。
キセルアザミ1





タムラソウ(田村草)-キク科-

アザミに似ていますが、刺が無いので安心して撮影できます。
タムラソウ1



華だけ見ればアザミにそっくり。
タムラソウ2




何と頭花の美しいこと。
タムラソウ3





サイヨウシャジン(細葉沙参)-キキョウ科-

サイヨウシャジン1




ワレモコウ(吾亦紅)-バラ科-

上の写真と同様に、ピンクのボケはタムラソウ。
ワレモコウ1



頭花が重いのか、倒れ掛かっているものもよく見かけます。
ワレモコウ2






ホタルイ(蛍藺)左とヤマイ(山藺)右-イネ科-

こちらもかなりマニアックな人向けの植物。
花茎の途中に三個の小穂を付けたのがホタルイで、先端に一個の小穂を付けたものがヤマイ。
ホタルイとヤマイ

最後は地味な写真で締めくくりました。
ヒガンバナの下見シリーズはこれで終わり。

彼岸の中日も過ぎました。
明日はいよいよ彼岸花かな?

ヒガンバナの下見 4  

山道を走っていたら、道路脇に小さな湿地を形成している場所がいくつかありました。
そんな湿地や湿った場所に咲く植物たちを今日と明日に分けてお届けします。


キツネノボタン(狐の牡丹)-キンポウゲ科-

果実が金平糖のような形をしていて、それを狐のボタン(釦)に見立てた『狐の釦』は間違いで、葉が牡丹の形に似ているので『狐の牡丹』が正解。
トリカブトに象徴されるように、多くのキンポウゲ科の植物が有毒で、本種も毒草です。
キツネノボタン1






花弁にはロウ(蝋)を塗ったような光沢があります。
キツネノボタン2






ミゾソバ(溝蕎麦)-タデ科-

こちらは花序が金平糖に似たミゾソバ。見た目が傍に似ていて溝に生えるので溝蕎麦。
田のほとりの土の溝のような所に生育しますが、コンクリートの用水路では生育できないので、都市部にある田の周辺では見かけません。
ミゾソバ1




体長1㎝ほどのホソヒラタアブがやってきました。
こうして見ると大きな目が愛くるしいアブで、蜂ではないので刺すこともなく、吸血性もないので安全です。
おまけに、幼虫はアブラムシを食べてくれる益虫です。
成虫は花の蜜を吸ったり、花粉を食べたりします。
撮影時には気付かなかったのですが、よく見ると口の周りにいっぱい花粉を付けています。
ミゾソバ2





ツリフネソウの大群生がありました。
ツリフネソウ1




赤い花が一般的ですが、ピンクのものや、白花も稀にあります。
これは赤が濃い個体群でした。
ツリフネソウ2




栽培されるホウセンカはツリフネソウの仲間で、ツリフネソウ属の学名はImpatiens(イパチェンス)。
インパチェンスはラテン語で「我慢できない」の意。花言葉は「私に触れないで」
どちらも由来は熟した実にあります。
実の中で種が熟すと、我慢できなくなって些細な刺激でも実が弾けて中から種が勢いよく飛び出します。
だから、私に触れないでという訳です。
(下の写真に見える程度の実ではまだ弾けません)
ツリフネソウ3


続きはまた明日!

ヒガンバナの下見 3  

今日は在来種です。


アキチョウジ(秋丁字)-シソ科-

一見、春に咲くエンゴサクの仲間に似た花ですが、エンゴサクはケシ科、こちらはシソ科。
青紫の涼し気な色の花です。
アキチョウジ1





クサコアカソ(草小赤麻)-イラクサ科-

画になりにくい花ですが、逆光で背景を暗く落とすとご覧の通り。
定番の撮り方で見事に映えました。
クサコアカソ1





ナンテンハギ(南天萩)-マメ科-

同じマメ科の萩に似て、葉が南天に似ていることから南天萩。

ナンテンハギ1






ミズヒキ(水引)-タデ科-

ミズヒキもきちんととってやらなければと挑戦するも、いつもこんな雑然となって申し訳ない感じ。
ミズヒキ1





スッキリさせようとするといつもこんなクローズアップになってしまします。
ミズヒキ2






野菊

野菊という名の野草は無く、野に咲く菊のことを便宜上そう呼ぶので、どこまでを野菊に含めるかも人によって多少違いがあります。
様々な野菊が見られる季節になりました。今後、紹介していきたいと思います。
野菊1



続きはまた明日!

▲Page top