fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

フシグロセンノウ  

フシグロセンノウ(節黒仙翁) ーナデシコ科ー

初めてこの花を見たとき、その強烈な朱赤色に強烈な印象があった。
これが野草とは思えませんでしたが、図鑑で調べると確かに野草でした。
遠目にも目立つこの花は、きっと採取される危険も多く
以前よりも見かける機会は少なくなりました。
IMG_3116.jpg




美しい花を美しく撮ることができました。
自然の仕業とは思えぬほどに、花の配置が絶妙です。
IMG_3097.jpg

スポンサーサイト



ヒカゲミツバ  

ヒカゲミツバ(日陰三葉) ーセリ科ー

深山の薄暗い日陰を好むヒカゲミツバ。
ナツエビネを撮影した後、とある渓流沿いを歩いて撮影しました。
IMG_3085.jpg





IMG_2910.jpg





セリ科特有の花火が弾けたような花。
一つ一つは小さいけれど、集団になると美しい。
IMG_2894.jpg

ゲンノショウコほか  

ナツエビネが咲く民家の周辺で撮影した花を紹介します。


ツユクサ(露草) ーツユクサ科ー

あまりにも身近な花ゆえに、足を止めて見る人はいないでしょうが
爽やかなブルーの花と特徴のある花のつくりに感嘆します。
IMG_2839.jpg



IMG_2841.jpg





ゲンノショウコ(現の証拠) ーフウロソウ科ー

これだけ群生していれば、かつて身近な薬草だったことに納得します。
IMG_2942.jpg



こちらは道路まではみ出しています。
IMG_2849.jpg





最後は
畑のほとりで色づいていたホオズキ(鬼灯)

IMG_2843.jpg

ナツエビネ  

ナツエビネ(夏海老根) ーラン科ー

佐渡では見たことがありましたが広島県内で見るのは初めて。
佐渡で初めてナツエビネに出逢ったときの興奮を今もはっきりと覚えています。
その後、別の場所でも偶然出逢うことができました。
佐渡では、このように偶然で会うこともできますが、
広島県内で偶然出逢うことはほとんどないでしょう。

Yさんに教えていただき、その家の人が大切に守っておられる自生地へ行ってきました。
本当はもう少し早く行きたかったのですが、長雨で行くことができませんでした。
もう遅いかもしれないと思いながら、家の人に撮影の許可をいただき林に入ると
案の定咲き終わっていましたが、よく探すと一株だけ咲き残っているのがありました。

来年はちょうど見頃の時季に撮影させていただこうと思います。
IMG_2813.jpg

ミズヒキ  

ミズヒキ(水引) ータデ科ー

本種をはじめ、秋はタデ科の植物が花盛り。
水引は祝儀袋の飾りに使われる紅白の飾り紐(不祝儀では白黒)。
花穂の様子が似ていることからズバリその名がつけられました。
一般的には赤い花が多いですが、まれに写真のような白いものも見かけます。
IMG_3067.jpg



IMG_3073.jpg





こちらが一般的な赤いもの
IMG_2807.jpg





花が開いたもの。
上半分が赤く、下半分が白くて、水引の名に頷けますね。
IMG_3083.jpg

フジカンゾウ  

フジカンゾウ(藤甘草) ーマメ科ー

フジ(藤)の花に似ているからフジの名がつくようですが
垂れ下がって咲くフジの花には似ていないような気もします。
IMG_2773.jpg




花穂をアップで見れば似ていますかね。
どちらもマメ科なので似ていても不思議ではありません。
IMG_2791.jpg




果実は独特の形をしていてヌスビトハギに似ています。
IMG_2780.jpg

ミヤマウズラ  

ミヤマウズラ(深山鶉) ーラン科ー

一昨日、Sさんから 「ミヤマウズラが咲いてますよ」 と連絡が入りました。
新型コロナの2回目のワクチン接種をした翌日だったので自重し、
昨日撮影に行ったというわけです。
昨日紹介したマツカゼソウはそのとき撮影したもの。

ミヤマウズラはSさんがおっしゃったとおり、ちょうど見頃(写し頃)でした。
名まえの由来は、葉に白い網目状の斑が入り、この様子がウズラの羽の模様に似ていることから。
IMG_2771.jpg




花も鳥が羽を広げたようでかわいいですね。

IMG_2758.jpg



群れて飛んでいるようです。
下から順に咲き上がっていきます。
IMG_2751.jpg

マツカゼソウ  

天候が回復したので久しぶりに撮影に行ってきました。

撮影目的の花を紹介する前に、今日はその近くに咲いていた花をまずお届けします。


マツカゼソウ(松風草)  -ミカン科-

名まえがいいですね。
暦は二十四節気の『処暑』、暑さが和らぐ頃とされ、心地の良い風が吹き始めます。
そんな『処暑』のイメージにふさわしい姿だと思いませんか。
近年の気温上昇でまだまだ夏の盛りですが、こんな花を見ると秋の訪れを感じますね。
IMG_2721.jpg




ミカン科の植物で日本に自生する『草本』はマツカゼソウだけだそうです。
IMG_2713.jpg

夏の梅雨休み  

雨続きで、もう2週間も撮影に行っていません。
連日大雨や洪水の警報が出るほどで、どこにも行けません。
それどころか、県内では災害が発生しています。
天候が回復して、安定してから撮影を再開しようと思いますので、
ブログ更新は、早くても週明けになると思います。
今しばらくお待ちください。

鯉が窪湿原からの帰り道 4  

鯉が窪湿原からの帰り道 4


クサギ(臭木)

名まえから受ける印象は悪いですが、花も実も美しい木です。
IMG_2684.jpg



花をアップで捉えると、その美しさにはっとします。
IMG_2624.jpg




イヌトウバナ(犬塔花)

目立たぬ花にもレンズを向けるのが野草写真家。
ただし、私にはうまく撮ってあげる技量が無い。
IMG_2554.jpg




ニガクサ(苦草)

これも、イヌトウバナと同じシソ科の植物。
花はとても小さく、やはり私の手には負えない。
IMG_2552.jpg





キツネノカミソリ(狐の剃刀)

先日紹介したオオキツネノカミソリによく似ていますが、
こちらはキツネノカミソリだと思います。
IMG_2499.jpg





ムラサキエノコロ(紫狗尾)

こんな植物にも秋の訪れを感じますね。
IMG_2453.jpg


この日、最後に出逢った花はカタクリ。

えっ!カタクリは春の花じゃないの?

山のお寺のカタクリにギフチョウが飛んできたと聞いて、見に行ったのです。


以前、このお寺のカタクリの襖絵を紹介しましたが、新しくギフチョウの絵を含む4枚が追加されたのです。
DSC_0269[5]




蝶の方から見たカタクリ
DSC_0273[4]


神石高原町「小野」という、山のてっぺんの小さな集落にある天徳寺というお寺です。
(「小野」は『天空の里』とも呼ばれ、国道182号線にも看板が出ています。)

私の写真展での出逢いから、和尚さんが主宰する『堅香子庵』の一員に加えていただき
佐渡の住処に、和尚さんに書いていただいた『堅香子庵』の看板を玄関に掛けさせていただきました。
今、その看板は持ち帰り部屋に掲げてあります。

堅香子とはご存じの通りカタクリの古名
カタクリが繋いでくれたご縁です。



帰り道シリーズ 終わり。

▲Page top