fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

芦田川夕景  

近くに夕景の撮影場所を見つけてから、
空を見上げることが多くなりました。

撮影を終えて帰り、一息ついていると
美しい夕焼けを想像させる雲が出ていて
河原へ向かったのですが、
形の良い雲はすっかり無くなっていました。

それでも、きれいな暮れ色のグラデーションは
私の目を楽しませてくれるには充分でした。
IMG_1732夕景

川で撮影したとは気づかないでしょう。
写真なら、ちょっとした工夫で
川を湖に変えることができます。








揺れる水面に茜の空が映ってダンスを踊る。
IMG_6793水面





橋の上には家路を急ぐ自転車。
♪ 遠き山に 陽は落ちて ♪
のメロディーがお似合い。
IMG_6811家路





突然、土手の上から「こんにちは」と声が…
「こんにちは」と返したら、少しして
「写真の撮影ですか?」と続く。
茜空に浮かぶ青年と二本の釣竿。
魚釣りに来ていた高学生くらいの若者でした。

離れた場所にいる私に声を掛けてくれた若者、
今時珍しい。
黄昏の中州にいる私を心配してくれたのかも。
そう思うと、余計すがすがしい気持ちに。

私も撮影を切り上げ、彼が声を掛けてくれた
土手から最後の写真を撮り家路につきました。
IMG_6819暮れ





余談ですが・・・『遠き山に日は落ちて』は
ドボルザーク交響曲第九番「新世界より」
第二楽章の有名な旋律に
堀内敬三が歌詞を付けたもので
キャンプファイヤーでよく歌われる。
個人的には、下校を促す学校放送。

アメリカで「Going home」というタイトルで
歌詞が付けられたのが始まりで
日本で初めて歌詞を付けたのは
宮沢賢治の『種山ヶ原』とされる。

その歌詞は・・・

春はまだきの朱あけ雲を
アルペン農の汗に燃し
縄と菩提樹皮(マダカ)にうちよそひ
風とひかりにちかひせり。
四月は風のかぐはしく
雲かげ原を超えくれば
雪融けの草をわたる。

繞めぐる八谷に劈靂へきれきの
いしぶみしげきおのづから
種山ヶ原に燃ゆる火の
なかばは雲に鎖とざさるゝ。
四月は風のかぐはしく
雲かげ原を超えくれば
雪融けの草をわたる。

堀内敬三は秋を思わせる夕暮れを歌い
宮沢賢治は春の夜明けを歌っている。

朝夕の違いこそあれ、両者が
似た情景を歌詞にしているのは興味深い。

また、野上彰が『家路』という題名で歌詞を付けており、
♪遠き山に・・・♪のタイトルを『家路』とするのは間違い。
そういう私も混同していました。


余談が長くなりました。
悪しからずご了承ください。


スポンサーサイト



川井谷渓谷 2  

入り口付近の急流を撮影したあと上流に向かうと


次に現れるのがこの流れ。
流れは典型的なS字構図。
撮ってくれといわんばかり。
IMG_6639川井谷




右上から左下に流れる
このアングルもいい。
IMG_6646川井谷




さらに上流にこの滝があるが
国土地理院地図に記載は無し。
深く広い淵は吸い込まれそう。
IMG_6652川井谷




無名の滝でも、近づけばこの迫力。
安全第一、撮影第二の精神が大事。
IMG_1640川井谷





さらに上流の幾筋にも分かれる流れ。
IMG_6717川井谷




スローシャッターで動きを表現。
IMG_1672川井谷





ひとつだけ苔生す岩もフォトジェニック。
IMG_1617苔


早めに撮影して家路につきましたが、
この日の撮影はこれで終わりませんでした。

明日に続く

川井谷渓谷 1  

川井谷渓谷は芦田川の支流、神谷川の上流部
にある渓谷で新市町と神石高原町にまたがる。
今回撮影したのは、かつて『川井谷』という
バス停があった場所。周辺に民家がないのに
停留所を設けたのは川遊びする人の為か。
今はバス路線そのものがなくなってしまった。

この日行く予定はなかったが、目指した目的地に
思った被写体がなく、急遽予定変更。
天候や状況に合わせて臨機応変に対応するのが
自然風景写真撮影の極意。



日の出時刻は過ぎていたものの、
山蔭の渓流はまだ青味を帯びていた。
IMG_6514川井谷





白い流れの中にある光る岩が印象的。
IMG_6519川井谷





下流側に回り込み、水面すれすれから流れが迫ってくるように撮影。
IMG_6549川井谷




今度は上流側に回り、
足元の岩肌をメインにして俯瞰して撮影。
IMG_6582川井谷





次に、白い流れの中の岩をメインにして撮影。
IMG_6590川井谷





他の場所を撮影し、
2時間後(帰り際)にもう一度撮影。
1枚目と比べると色温度の違いがはっきり。
IMG_6751川井谷





縦位置だと印象も変わる。
IMG_6767川井谷


明日も川井谷渓谷です。

つらら 2  

もう一カ所、
つららがあるかもしれない場所があったので
行ってみることにしました。
冬に撮影に訪れたことがなく
つららがあるかどうかは不確定でしたが・・・

時刻はすでに10時を過ぎていましたが、
路面の雪が朝日を受けて光っていました。
IMG_6327雪




少しだけですが、つららがありました。
IMG_6345つらら




山肌に当たる朝日が氷を輝かせています。
IMG_6354つらら




気温の上昇とともに、つららから水が滴ります。
IMG_6406つらら




虹色の輝きをぼかしてみました。
IMG_6380つらら





帰り道、
もう一カ所つららがあるかもしれない場所に…
ここも冬に撮影に来たことがない場所です。
時刻は13時過ぎ、
しかも太陽が燦々と当たっていましたが…
まだ残っていました。

IMG_6437つらら

こんなことなら、
ここに一番に来れば良かったと後悔。
でも、ここに立派なつららができることが
分かったので
撮影できるチャンスを楽しみに待ちたいと
思います。

つらら  

氷点下10度近くまで冷え込む予報に、
凍る滝を撮りに行きましたが
日中の気温が比較的高いためか、
ほとんど凍っていませんでした。
そこで、車で2,3分の所にある
水がしみ出す場所に行ってみると
去年ほどではありませんが、
小さいながらも氷柱がありました。


写真で見るとかなり大きな氷柱に見えますが、
レンズの効果で実際より大きく見えます。
IMG_1587つらら




車のライトを当てて写すと、氷に色が出ました。
IMG_6148トリミングつらら





岩の表面の氷が、空の青を映していました。
IMG_6293氷





IMG_6301つらら




撮影の際、私が気をつけていることは、
レンズを向けた対象に集中しつつも、
絶えず周囲を意識する(見回す)こと。
これは危険を回避することにもなるし、
思わぬ被写体を見つけることもあるので
一石二鳥です。

そのようにして見つけたのが下の写真。
朝日を受けて際立つ木立がありました。
IMG_6265木立





そのうち最も目立っていた一本の木。
IMG_6247木立


朝焼け夕焼けの撮影では太陽の方向ばかりに
レンズを向けてしまいがちですが
案外、その反対方向が綺麗に色づいていることがあります。
大勢の人が三脚を立てて撮影する場面では、
ほとんど同じ方向にレンズが向けられている
ことが多いですが、ときに全く違う方向に
レンズを向けている人を見ることがあります
このように、常に周囲にも気を配ることが
大切なのです。
ただ被写体探しのためだけでなく、
周囲の人にも気を配ることもにもなります。
良い写真を撮ろうとするあまり、
立ち入り禁止の場所に入ったり
祭りやイベントなどで、邪魔になるほど
前面に出てしまうカメラマンがいますが
周囲に気を配った撮影ができていない行為です。

これからも周囲に目を配り気を配る撮影を
心がけようと思います。

冬の県民の森 3  

県民の森では曇りがちで、時折あられのような雪が降ったかと思えば
急に日が射したりと、めまぐるしい天候でした。

日が射した瞬間、雪原に落ちた樹林の影。
スキー客がいないために踏み跡なく、
美しい模様を撮影できました。
撮影者には好都合なことではありますが・・・
IMG_1521雪




撮影していると雪上車がやってきて、
「上の方はまれに見る美しい樹氷だ!」と、
興奮気味にスマホの画像を見せてくれました。
撮影することを勧められましたが、
樹氷が見られるのはまだ遙か上、
若ければ行くのでしょうが、
今回は断念しました。
良い写真を撮ろうと、つい無理や無茶なことを
してしまうと思わぬ事故やけがにつながります。
興奮したときほど冷静な判断が必要かも。

雪上車で上まで乗せて連れて行ってくれないかと思ったりもしましたが・・・




最後は管理センター近くにある滝

近づいて撮りたかったのですが、
雪に阻まれ不可能だったので
望遠レンズで撮影しました。
IMG_1556氷柱





最後の最後は管理センターの軒下の氷柱。
これも雪に阻まれ近づけませんでした。
IMG_1386氷柱


県民の森から冬の便りはこれで終わりです。

冬の県民の森 2  

県民の森の管理センター辺りの積雪は70cmほどで
吹き溜まっているところでは1mを超えていました。



六の原川の様子
IMG_6080雪






石に積もった雪が渓流にぽこぽこと積み上がっています。
IMG_6109雪





積もる雪を『綿帽子』とたとえますが、まさにその通りですね。
IMG_1479雪



明日もう1回、県民の森にお付き合いください。

冬の県民の森 1  

県民の森の駐車場に到着しました。
スキー場が営業されていないため、
車は10台ほど。
そのうちの何台かはスタッフの車で、
ほかに何名か雪山トレッキングの方が
おられたようです。


車から出てすぐに目に付いたのがリョウブの
樹皮の美しさ。
管理センターのすぐ脇にあったのですが、
これまで何度となく県民の森を訪れていて、
管理センター付近にリョウブの木が何本かある
ことはよく知っていました。
何度か撮影したこともあったのですが、
ここにリョウブの木があることにまったく
気づいていませんでした。

真っ白な雪のキャンバスに浮かび上がる
樹皮の模様の美しさに、
しばし寒さを忘れて撮影しました。
IMG_1372リョウブ




別の場所のリョウブの木
何度か撮影したことがある木です。
木肌の模様と雪の取り合わせはso goodです。
IMG_1389リョウブ





この赤い木肌の木は何でしょうか?
これも管理センターの近くのあり自生種ではなく
植栽されたサンゴミズキかもしれません。
赤珊瑚のように見えますね。

撮影しようと近づくと膝上まで雪に埋まってしまいました。
IMG_1414赤い木


明日に続く

雪模様  

東城辺りではうっすらと雪がある程度でしたが、国道314号線に入ると
次第に積雪が増え始め、さらに314号線を分かれて県民の森へ続く道
を走ると50cmほどの量になりました。ほどなく六の原ダムに差し掛かると
湖面に雪の模様(氷紋)があったので撮影することにしました。

氷紋とは・・・
湖や池などに氷が張って、その上に雪が積もります。何らかのきっかけで、
氷が割れると、そこから水がしみ出して雪を融かし模様ができる自然現象。
氷と水と雪(つまり全て水)のしわざによってできる芸術品と言えるでしょう。

六の原ダムの湖面の雪模様はこんな感じでした。
IMG_1339雪紋





撮影中にも模様は刻々と変化していきます。
IMG_1342雪模様





それを見極めて、感覚的に切り撮っていくのですが
人間には3つの点が集まった図形を人の顔と見るようで、
氷紋のような人為的でない模様でも、つい顔に見えるような場所に
目が行ってしまいます。
色違いの二つの大きな円と、その間を分ける白と黒
なんだかそれが白黒の仮面のように感じたのです。
IMG_1326雪紋

因みに、逆三角形に配置した三つの点を顔と認識してしまう現象をシミュラクラ現象と言います。






湖畔のススキを主役にし、氷紋は少しぼかして脇役にしてみました。
IMG_1331雪紋






別の氷紋を撮ってみましたが、これも人の横顔に見えなくはありません。
手前の雪をぼかして入れて、遠近感を出しました。
IMG_1335雪紋







見上げれば青空が広がっています。気温が低く風は強くなく十分な積雪量
絶好のスキー日和のはずですが・・・
IMG_6019青空

蔓延防止等重点措置が発令のため17日から休業の看板。
近年は積雪が少なく、また、スキー人口そのものも減少し
スキー場は悲鳴を上げています。
今シーズンは12月から積雪があり、スキー客やスキー場の
皆さんは喜んでおられたと思いますが
年明けからの新型コロナウィルス オミクロン株の感染者の急増で、
やむなく休業とは・・・とてもやるせない気持ちになります。





ダムより少し上流の積雪の状況。50cmほどだったでしょうか。
IMG_6034雪景色



明日は県民の森で撮影した写真です

夜明け  

20日は大寒でした。
大寒はその日を指す場合もありますが、
その日から立春の前日までの期間のことで
この時期が一年で最も寒いとされます。

21,22日と寒い朝が続くということで
寒さを求めて撮影に行きました。


21日は県民の森に行きました。
途中、夜明けの空の美しさに思わず車を停めて撮影しました。

IMG_5989夜明け





IMG_5996夜明け





IMG_6007夜明け

▲Page top