fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

江積の海岸  

次は江積の海岸で撮影。

農村公園の駐車場に車を停め、向かったのは
ひそかに人気の「江積のブランコ」。
IMG_5654ブランコ




誰かが漕いでいたらさらに絵になるのですが…
IMG_5625ブランコ

訪れる人は無く、海岸の撮影に向かいました。



平らな海岸は人工的なものではなく
波の浸食によって形成された海食棚。
IMG_2531万畳敷



沖はこんなに波があっても、海蝕棚の上は
ほとんど波がやってきません。
この辺り一帯の海蝕棚は「万畳敷」と呼ばれ
ウユニ塩湖のような水鏡に映る光景で知られます
IMG_5720飛沫





鏡のような水面に映る空の青と海藻の緑
IMG_5875万畳敷





一面、藻に覆われた海岸
IMG_5922万畳敷





別角度から撮ると、「モンサンミッシェル」に
見えませんか?
IMG_2806万畳敷



駐車場に戻ると、レンタカーが停まっていました。
もしかして?と思って、ブランコの所へ行くと
二人のお嬢さんが漕いでいるではありませんか。
お願いすると、快くモデルになってくれました。
IMG_5832ブランコ



IMG_5836ブランコ



IMG_5840ブランコ


私の願いが叶っただけでも幸運な出逢いなのに
なんと二人は福山出身で
私の車のプレート(カープ仕様の福山ナンバー)
を見て、びっくりしたのだそうです。
これはもう奇跡としか言いようがありません。

気分をよくして次の場所へ向かいました。

明日につづく
スポンサーサイト



小木の海岸  

26、28日の両日小木方面の海岸巡りをしました。


最初の撮影地は木流(こながれ)の海岸。

藻が付いて緑色になった石がありました。
IMG_2472藻の石





こちらにも
IMG_5467亀石






その中に、今にも沖へ泳ぎ出しそうな亀が・・・
IMG_2752亀石

もちろん、本物の亀ではなく石です。




こんな割れ目が入った石もたくさんありました。
IMG_5588割れ目石




不思議な石ですがどうやって出来たのでしょう?
IMG_5579割れ目石




IMG_2516割れ目石





穴が空いた石も目立ちました。
こちらは、貝の仕業のようです。
IMG_5193穴石


明日につづく

佐渡奥入瀬  

私が勝手に「佐渡奥入瀬」と呼んでいる和木川へ


雪解け水を集め、さらに水量が増えるでしょう。
IMG_2589和木川





海から2、3kmの場所とは思えぬ景観です。
IMG_5419和木川





IMG_2608和木川





迫り来る雪解け水は迫力があり、
レンズにかかる飛沫を拭き取りながら撮影。
IMG_2674和木川

10時頃に雨が降りだし、撮影は終了。

オオミスミソウ  

オオミスミソウも花盛りでした。
IMG_5109オオミスミソウ




撮影していると、地元の人に「撮影ですか?」と
声をかけられました。
聞けば、盗掘をする人がいるので見回っているとのこと。
下草刈りなどをして花を守る人がいる一方で
何もしないで盗掘して持って帰る人がいるのは
とても悲しいことです。



IMG_2171オオミスミソウ



IMG_2161オオミスミソウ



IMG_2149オオミスミソウ



IMG_2130オオミスミソウ



IMG_2108オオミスミソウ



IMG_2097オオミスミソウ



IMG_2089オオミスミソウ


こんな愛しい花たちを持って帰るなんて
私には到底出来ません。
盗掘は言うに及ばず、撮影の際にも配慮が必要です。
いつまでもこのように咲き続けることを願いつつ
帰ることにしました。

が、・・・

途中もう一カ所寄ってみることにしました。

そこで見つけたオオミスミソウ。
仲良く並んでいました。
IMG_2313オオミスミソウ




すると突然雹が降り始め、一時車に避難
降り止んでもう一度行ってみるとこんな感じに
IMG_2340オオミスミソウ


2日目も大満足で帰りました。

佐渡2日目は、島の北部へ  

佐渡の早春の花は北部の海岸沿いから咲き始めます。

そこで、北部を目指して出発。


そこかしこに見事なフクジュソウの群落がありました。

近頃は山の手入れをしなくなったので
このような群落を見ることは少なくなったようですが
それでも、こんなに群れて咲いています。
IMG_5055フクジュソウ





IMG_5119フクジュソウ





海を見下ろすこんな場所に咲いています。
IMG_5157フクジュソウ



明日はオオミスミソウをお届けします。

佐渡からの便り  

皆さんお待たせしました。
今日から久しぶりに佐渡からの写真だよりです。

3月22日に福山を出発し、新潟に1泊して
翌朝、フェリーで佐渡に渡りました。

まずは、新潟で泊まったホテルからの夜景です。


街の明かりと工場の煙突、その向こうには
雪をかぶった越後の山々。
IMG_1901夜景




部屋から見えたフェリーターミナルの駐車場
灯りのパターンと車の創り出す空間が面白い。
(ホテルの22階から撮影)
IMG_4985夜景




佐渡に着くと、
一ヶ月以上お世話になるTさんにご挨拶し
早速撮影に行きました。
初日に撮影した花を少しだけ紹介します。


小さな沢沿いに咲いていたふきのとう
IMG_1915ふきの





雪解けを待ちわびて咲いたフクジュソウ
IMG_1966フクジュソウ





苔生した岩の上に咲くキクバオウレン
IMG_2043オウレン



佐渡の花はまだ咲き始めたばかりでしたが
大満足の初日となりました。

佐渡に来ています。  

ただ今、佐渡にて撮影中。
近々佐渡の早春の花を発信しますので
お楽しみに❗️

チャルメルソウ  

チャルメルソウ

沢沿いの湿った場所を好む植物で
ヤマネコノメソウ、シロバナネコノメソウ
などと一緒に咲いていました。
何しろ目立たない花ですが、
逆光で見ると、その美しさにドキリとします。

一面から見て全てを判断してはいけませんね。

IMG_1820チャルメルソウ

咲き始めたスミレ ナガバノタチツボスミレ  

日当たりの良い斜面に咲いていたのは・・・

ナガバノタチツボスミレ(長葉の立壺菫)

もう、こんなに群れて咲いています。
IMG_4730ナガバノタチツボスミレ






IMG_1699ナガバノタチツボスミレ





撮影を終えて帰っていたら、道の真ん中の
アスファルトの割れ目から咲いているものが・・・

窮屈そうに見えますが、日当たりは抜群だし
アスファルトは温かいし、狭い道の真ん中なので
タイヤに潰されることもないので、案外心地よい
のかも。自分の車を写し込んでみました。

IMG_4818ナガバノタチツボスミレ

咲き始めたスミレ アオイスミレ  

スミレが咲く季節になりました。

今年最初のスミレはアオイスミレです。

アオイスミレ(葵菫)

最も早く咲くスミレのひとつで
このスミレを見つけると、春が来たことを
実感します。

小さなスミレで、花茎が短いので葉の上に
ちょこんと花が乗っかっているように見えます。

花弁の縁が波打っていて、縦長なのが特徴
IMG_1703アオイスミレ

▲Page top