fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

千丈渓 5  

千丈渓で撮影した花の写真です。

咲いていた花は決して多くないですが、
いくつか撮影することが出来ました。



コアジサイ(小紫陽花)
装飾花がないので地味ですが
この雰囲気は好きです。
IMG_4122コアジサイ





ウリノキ(瓜の木)

葉の形が瓜に似ているので瓜の木。
瓜とは何の関係もありません。
花の形が独特です。
IMG_4135ウリノキ





ホクリクタツナミソウ(北陸立浪草)

北陸だけに自生するわけではなく
新潟県以西の日本海側に分布し、
別名はサンインタツナミソウ。
IMG_4187ホクリクタツナミソウ





シライトソウ(白糸草)

崖に点々と生えていました。
IMG_4570シライトソウ




千丈渓の最後は

蜘蛛の糸

撮影しようと三脚をセットしようとしたら
何かを察知して逃げてしまいましたが
しばらく待つと戻ってきてくれました。
小さくても、光を受けて存在感抜群!
IMG_4209クモの巣


千丈渓はこれで終わりです。
スポンサーサイト



千丈渓 4  

緑の映り込みが美しい場所を発見!

いろいろと撮影してみました。

木々の緑、青空の青の映り込みに
岩肌の落ち葉を絡めてみました。
IMG_4383千丈渓





流れで生じた模様を、映り込みで際立たせ
速めのシャッタースピードで写し留めました。
IMG_4409千丈渓






木漏れ日が落ち葉に射した瞬間に撮影。
水面がキラリと光ってくれました。
IMG_4468千丈渓





木漏れ日をスローシャッターで捉えると
こんな感じになりました。
IMG_4485千丈渓


同じ場所でもいろんな撮り方が出来るものです。

明日も千丈渓です。

千丈渓 3  

千丈渓には「千畳敷」と呼ばれる
岩の上を水が流れる場所があり
そこでは、流れの中に落ち葉が
たくさん引っかかっていました。
IMG_4241千丈渓





その中から、オーディションして
選び出した美しい部分を撮影。
IMG_4275千丈渓





カメラ位置を低くして、対岸の緑の
映り込みを撮影してみました。
IMG_4503千丈渓





帰りにもう一度千畳敷に行くと
日が射して、水面がキラキラと
輝いていたので、写し留めました。
IMG_4355千丈渓


明日も千丈渓です。

千丈渓 2  

落ち葉と泡が淵に浮かんでいました。
IMG_4143千丈渓




ゆっくりと動いていたので
スローシャッターで写すと
いくつもの渦がありました。
IMG_4138千丈渓





少し右に移動して撮影
IMG_4146千丈渓



こちらもスローシャッターで
写し留めてみました。
IMG_4152千丈渓

スローシャッターは写真ならではの表現で、
出来上がりを想像しながらタイミングを
見計らってレリーズする面白味があります。



明日も千丈渓です。

千丈渓 1  

写真展の準備がおおまか調ったので
佐渡から帰って初めて撮影に出かけました。

向かった先は島根県の千丈渓


山は新緑から深緑に替わり、
水面に映る緑がきれいでした。

遊歩道から撮影
手前に青空の映り込みを少しだけ入れて
変化を付けてみました。
IMG_4103千丈渓




河原に降りて、緑の映り込みだけを撮影。
石に引っかかった流木をアクセントにして
みました。
IMG_4113千丈渓

写真を見ると爽やかですが、
日差しはもう夏そのものでした。


明日も千丈渓です。

写真展のご案内  

今年も写真展を開催します。


第26回 写真展 『四季彩』

と き: 2022年6月4日(土)~19日(日) 
    9時~17時(月曜休、最終日15時まで)
ところ: ギャラリー「あみん」(ジミーカーターセンター隣)
     三次市甲奴町本郷 0847-67-5211


最近は4回にわたって『撮っておきの佐渡』
と題して佐渡シリーズの写真展でしたが、
佐渡移住を終え広島(福山)に帰ってきた
こともあり、今回は県内と隣県で撮影した
風景および野草の写真を展示します。



写真雑誌 『風景写真』に掲載されました。

IMG_4102風景写真



IMG_4097風景写真


写真講座などの受講をせず、写真サークルにも
所属せず、独学で写真を撮ってきた私にとって
『風景写真』誌は1989年の創刊当初から私の
講師でありバイブル的存在でした。
個展を始めるきっかけを作ってくださったのも
初回写真展の案内を掲載していただいたのも
『風景写真』誌でした。
今回、数ある写真展掲載依頼の中から、
再び私の写真展を掲載して頂けたことは
非常に有り難く感慨深いものがあります。


皆さまのご来場をお待ちしております。


佐渡の締めくくりは・・・朱いカタクリ  

今日で2022年春の佐渡からの便りを終了します。
佐渡の締めくくりはこの花にしました。

カタクリです。

通常、花はピンク色で、薄いものから濃いもの
まで連続的に見られ、希に白花があります。
(一説には十万株に一株とも)

今回出逢ったものはピンク系ではなく朱い花。
こんな色のカタクリは見たことがありません。
白花よりさらに珍しい朱いカタクリです。
IMG_3847カタクリ

よく見ると、雄しべの先も朱いことが判ります。
手前の葉が虫に食べられていて
花の開き方も中途半端なので
来年はきれいに開いたところを撮影したいと
今から楽しみにしています。

ということで、来年も佐渡に戻ってきます。
佐渡の花、佐渡の皆さん、有難うございました。

イチヨウラン  

イチヨウラン(一葉蘭)

昨年見つけたイチヨウランを撮影しに行ったら
丁度見頃のタイミングでした。
私の記憶では、登山道から少し離れていて
望遠レンズで撮影したのですが、今回見た株は
確実に1m以上登山道に近い場所に咲いていて
株の雰囲気は昨年と同じだったので
足でも生えて移動したのかと思ってしまうほど。
(なぜ場所移動したかは不明です)
おかげで、格段に撮影しやすくなりました。
IMG_3919イチヨウラン

コケイラン  

ランが続きます。


コケイラン(小蕙蘭)

一つ一つの花は小さいのですが
たくさん付き、このように群生していると
とても見栄えがします。
沢のほとりのシダの葉陰に、エンレイソウと
いっしょに生えていました。
IMG_3685コケイラン




IMG_3759コケイラン

キンラン、ギンラン、ササバギンラン  

今日は3種のランをお届けします。


キンラン(金蘭)
黄色い花を金にたとえて金蘭。
何日も前から咲くのを心待ちに
していて、やっと咲いた姿を撮影
することが出来ました。
IMG_4066キンラン






ギンラン(銀蘭)

白い花を銀にたとえて銀蘭。
なんと、道路脇の草刈りをした場所に
咲いていました。草刈りがされていなければ
気づかなかっただろうし、刈られていれば
もちろん気づくはずもなかったギンランです。
IMG_3608ギンラン





上の写真を撮影後、そっと林の中をのぞき込むと
小さな、小さなギンランがありました。
IMG_3602ギンラン








ササバギンラン(笹葉銀蘭)

花はギンランに似ていますが、葉が大きく
花よりも高い位置まで伸ばすのが特徴。
咲き始めたばかりの初々しい株を見つけました。
IMG_4074ササバギンラン


▲Page top