fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

佐渡のラン 1 サルメンエビネ  

ランの咲く季節がやってきました。

すでにヒメフタバラン、シュンランをお届け
しましたが、春に咲くランは少なく
これからが本格的なランの季節になります。

第一報として、咲き始めたサルメンエビネを
お届けします。

サルメンエビネが自生する森
IMG_4131サルメンエビネ



ひっそりと咲くサルメンエビネ
IMG_6602サルメンエビネ



花に木漏れ日を重ねて
IMG_6767サルメンエビネ

フェリーの中で、山で盗掘したであろう植物を
持ち込んでいる人がいたと聞きました。
悲しくて情けないですね。心が痛みます。
スポンサーサイト



大佐渡スカイライン  

大佐渡スカイラインが全線開通したので
24日に行ってみました。

里は春から初夏の陽気ですが、山の上は
まだ早春で花は少なく、ふきのとうばかりが
やけに目立っていました。

IMG_3954蕗



IMG_3983蕗





リンゴの花が咲いているのではないかと
帰りに、麓のリンゴ畑に寄り道しました。

花は今がまさに満開でした。
普段なら道路から撮影するしかありませんが
丁度摘花作業をしておられたので、
許可をいただき、畑に入って撮影することが
できました。

右上に作業をしている方がいらっしゃいます。
IMG_4071リンゴ



例年より1週間ほど開花が早いとのことでした。
IMG_4077リンゴ




摘花前の花の様子。
IMG_6530リンゴ



摘花後の様子。
IMG_6580リンゴ



赤い蕾と薄ピンクの花の取り合せが可愛くて
IMG_6515リンゴ



見つけては撮影を繰り返しました。
IMG_6563リンゴ



写すのは簡単ですが、見ているだけで
気の遠くなるような作業です。
IMG_6570リンゴ




撮影のお礼を言ってその場を後にしました。
IMG_6585リンゴ

ヤマトグサ  

ヤマトグサ(大和草)

NHKの朝ドラ「らんまん」のモデルとなっている
植物学者牧野富太郎先生が、故郷の土佐で
採集し、日本人として初めて学名を付けた植物
として知られています。
牧野先生が佐渡にも来島された際、
「久し振りに我が子に逢ったように、佐渡にも
ヤマトグサがあったと大喜びであった」という
エピソードが、佐渡の植物の研究者である
伊藤先生監修の花図鑑「佐渡の花(携帯版)」に
記述されています。

7,8年前、関西から70代の男性3名様の
ガイドをさせていただいたときのこと。
今回の目的は何をさておいても「ヤマトグサ」
が見たいというものでした。

登山口に到着すると、そこかしこに雑草然と
ヤマトグサが生えており
「これがヤマトグサです」と私が言うと、
熱心に観察され「これで目的は達成できた!」
と喜こばれました。
登山道を歩くと、私が説明するまでもなく
植物に詳しい方々だったのを覚えています。

写真を見ても分かるように、
決して見映えする植物ではありませんが
本物の植物好きは見映えを重視するわけでは
ないのですね。

IMG_5790ヤマトグサ




花弁はなく、ぶら下がった雄しべが
少しの風に揺れて、撮影に苦労しました。
IMG_5792ヤマトグサ




草蘇鉄の森  

クサソテツ(草蘇鉄)と言っても分からない人が
多いと思いますが、山菜のコゴミ(orコゴメ)と
言えば分かるでしょうか。

山菜として採取するのは、まだ葉が展開しない
くるりと丸まったもの。

食べて美味しい、見て美しいクサソテツを
ごらんください。
IMG_3117クサソテツ



IMG_3220クサソテツ



IMG_3351クサソテツ

雪融けの流れ  

いま、雪融け水で渓流は水かさを増しています。
この水は佐渡の田を潤す恵みの水でもあります。

苔生した岩を配して撮影してみました。

和木川
IMG_3138和木川



IMG_5213和木川



和木川支流
IMG_3162和木川支流




白瀬川
IMG_3478白瀬川



IMG_3439白瀬川




水沢川
IMG_4492水沢川



IMG_4524水沢川



IMG_4537水沢川


何れも10kmほどで海に注ぐ短い急流ですが
佐渡の森の豊かさを象徴するような光景です。

佐渡のスミレ14  

コスミレ(小菫)

特に小さいわけではないので、名まえに
惑わされないように。
珍しいスミレではありませんが佐渡では
初めて出逢いました。

数年前まで耕作していた田の畦に
咲いていました。
IMG_5322コスミレ



IMG_5286コスミレ



IMG_5306コスミレ

新緑  

ソメイヨシノの開花が全国的に早く
佐渡でも例年より1週間ほど早く4月8日ころが
満開でした。
今は山桜もほぼ終わり新緑が美しい時季になっています。
IMG_6126新緑



美しい新緑のグラデーション
IMG_6135新緑




クロモジ(黒文字)

暗い杉林をバックに
IMG_3269クロモジ




明るい雲をバックに
IMG_3259クロモジ

気持ちも清々しくなりますね。

佐渡のスミレ 13  

マルバタチツボスミレ
(円葉立壺菫)


一見して、タチツボスミレとは違う一群が
ありました。

ニオイタチツボスミレとの交雑種
マルバタチツボスミレと思われます。
IMG_3055ニオイタチツボスミレ



葉はタチツボスミレに似ていますが
先が尖らず円みがあり、
花はニオイタチツボスミレのように
中心の白い部分と周りの紫の部分の
境目がはっきりしていて、くっきりとした
印象に見えます。
IMG_3033ニオイタチツボスミレ


ニリンソウと一緒に
こんな感じで咲いていました。
IMG_2159マルバタチツボスミレ

カタクリの白花  

一説には10万株に一株と言われる
白花のカタクリ。
白花を見つけると何だかラッキーな気分に
なります。

登山道脇に咲くカタクリの白花
IMG_3932カタクリ




清楚で可憐な姿に見惚れます。
IMG_6208カタクリ




IMG_6317カタクリ




IMG_6388カタクリ




IMG_6395カタクリ



それぞれの花をよく観察すると、色や花弁に
変化があることが分かります。
人間だって十人十色、草花だって十花十色。

淡いピンクのカタクリ。
よく見ると蘂も白い。
IMG_5892カタクリ




周囲より色の濃いカタクリの一群
IMG_5827カタクリ




さらに色の濃いカタクリ
IMG_6454カタクリ


妖艶な感じがします。
IMG_6465カタクリ



またも見つけた花弁が8枚のカタクリ
IMG_6032カタクリ




カタクリの群生
IMG_3903カタクリ




IMG_3714カタクリ




最後は私の好きな撮り方
IMG_6190カタクリ

ヤマシャクヤク  

小佐渡の標高の低い場所で
ヤマシャクヤクが咲きました。
(17日撮影)
IMG_2973ヤマシャクヤク



これが道路のすぐほとりというのですから
恐るべし佐渡島ですね。
IMG_4997ヤマシャクヤク




IMG_4939ヤマシャクヤク



開花したばかりで瑞々しく
撮り頃といった感じでした。
IMG_4983ヤマシャクヤク

▲Page top