fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

海岸の花 ハマヒルガオ  

海岸の花

ハマヒルガオ(浜昼顔)

自然の状態に近い海岸が多い佐渡では
ハマヒルガオの群生が至る所で見られます。
IMG_6064ハマヒルガオ




かつて佐渡一の大群生地だった高千の海岸は
ブルドーザーで整地され消滅してしていましたが
その周辺に残っていました。
IMG_6049ハマヒルガオ




ミヤコグサとの共演
IMG_6053ハマヒルガオ




スカシユリとの共演
IMG_5991ハマヒルガオ


高千の海岸もおそらく数年後には
復活することでしょう。
スポンサーサイト



海岸の花 ハマベンケイソウ  

海岸の花

ハマベンケイソウ(浜弁慶草)

ベンケイソウの名は付きますが、ベンケイソウの
仲間ではなくムラサキ科です。
砂利浜の、最も波打ち際に近い場所を
ハマハコベなどと共に住処にしています。
IMG_5930ハマベンケイソウ




佐渡では自生する海岸が限られ
非常に貴重な植物です。
以前は5株ほど確認していましたが
今年は二株のみでした。
温暖化の影響なのか風前の灯火と
なっています。
IMG_5898ハマベンケイソウ




釣鐘形の花の先端が5裂します。
IMG_1158ハマベンケイソウ

佐渡のラン 11 ツレサギソウ  

佐渡のラン

ツレサギソウ(連鷺草)

ツレサギソウは日当たりのよい草地や
湿った林下に生えるやや大型のラン。

湿り気のある日当たりのよい草地に
ウマノアシガタの黄色い花に埋もれるように
咲いていました。(これはまだ蕾の状態)
IMG_5832ツレサギソウ





ウマノアシガタに囲まれて・・・
IMG_5809ツレサギソウ





5日後に行ってみると咲いていました。
IMG_1345ツレサギソウ





サギソウは茎の先に1~3輪の花を付けますが
本種はたくさん花を付けるので連れ鷺の名が
付けられたのでしょう。
IMG_1333ツレサギソウ





初めて見るランにときめきながら撮影
しました。
IMG_1341ツレサギソウ

海岸の花 トビシマカンゾウ  

海岸の花

トビシマカンゾウ(飛島萱草)

飛島は山形県酒田市の沖合に浮かぶ島で
トビシマカンゾウは飛島と佐渡島の海岸に
自生するニッコウキスゲの海岸適応型。
ニッコウキスゲより全体的に大型で花付きも
多い。

スカシユリとほぼ同時期に開花しますが
きっちりと棲み分けがされていて、
トビシマカンゾウが自生する草地には
スカシユリは咲きません。

大野亀の大群生
IMG_5947トビシマカンゾウ




満開時期になると一面が黄色く染まります。
IMG_1215トビシマカンゾウ




二つ亀をバックに
IMG_1195トビシマカンゾウ





IMG_1168トビシマカンゾウ

海岸の花 スカシユリ  

海岸の花

スカシユリ(透かし百合)
別名:イワユリ(岩百合)

佐渡ではイワユリと呼ばれ、その名の通り
海岸の岩場に自生するユリです。
IMG_1141スカシユリ





過酷な環境に自生するユリですが
これはスカシユリが他の植物との
競争、競合を避けた結果とも言えます。
IMG_5908スカシユリ





ハマナスやメノマンネングサと共に
IMG_5879スカシユリ





大群生するこの場所は、以前はもっと
多かったのですが、岩場が草地化して
個体数が少なくなりつつあります。
IMG_6013スカシユリ





ここは人為的に植えた場所で、
本来このような草地には自生しません。
IMG_6120スカシユリ

佐渡のラン 10 トケンラン  

佐渡のラン10

トケンラン(杜鵑蘭)

杜鵑はホトトギスのこと。
名まえの由来は、花弁にある斑点が
ホトトギスの胸の斑紋に似ていることから。

雑木林の林縁にたくさんありました。
IMG_0889トケンラン




IMG_0877トケンラン





IMG_0907トケンラン




この個体は花弁の斑点がほとんどありません。
IMG_0913トケンラン

佐渡のラン 9 ササバギンラン  

佐渡のラン 9

ササバギンラン(笹葉銀蘭)

ギンランに似ていますが、葉が笹のようなので
見分けられます。
IMG_0925ササバギンラン




花だけでは見分けられないほど似ています。
IMG_0961ササバギンラン




こちらが近くに咲いていたギンラン。
葉が幅広く短いので見分けられます。
IMG_0932ギンラン

ズダヤクシュ  

ズダヤクシュ(喘息薬種)

「ずだ」とは喘息のことで、咳を止める効能が
あることからこの名が付きました。
IMG_0750ズダヤクシュ




深山の林下、渓流沿いなど湿った場所に
生えます。アオネバ登山口付近の大群生。
IMG_0760ズダヤクシュ

海岸の花 ハマナス  

海岸の花

ハマナス(浜茄子・浜梨)

これだけ群生しているのに、訪れる人は
ほとんどいません。
辺りを通るだけでよい香りがしてきました。
IMG_5448トリミングハマナス





IMG_5366ハマナス

海岸の花 ミヤコグサ  

海岸の花

ミヤコグサ(都草)

古い時代に中国から持ち込まれたという。
そのため、当時は都で見られたため
都草と名付けられたようです。
同じマメ科のシロツメクサも一緒に咲いて
いました。
IMG_5471ミヤコグサ




花を見ればマメ科ということが分かりますね。
IMG_0302ミヤコグサ

▲Page top