写真だより 佐渡発 

気になる外来植物5 オオハンゴンソウ  

オオハンゴンソウ(大反魂草) -キク科-

北米原産で日本へは明治中期に観賞用として導入されたものが野生化し
今では北海道から沖縄県まで日本全国に定着しています。

花期は7月から9月頃で、10~14枚の花弁は黄色で細長く、やや垂れ下がっているのが特徴です。葉に毛が生えているので触るとざらつきます。

現在では外来生物法により特定外来生物(第二次指定種)に指定されており、許可なく栽培・保管・運搬・輸入・譲渡を行うことは禁止されています。
日光国立公園戦場ヶ原、十和田八幡平国立公園、富士箱根伊豆国立公園、利尻島といった国立公園を始め、全国各地で駆除作業が行われていますが、単純に刈り取るだけでは根絶は難しく、スコップなどで根ごと引き抜き、抜き取った根は焼却処分する必要があるので厄介です。

佐渡でもどんどん勢力を拡大しているようですが、
見た目の美しさから、わざわざ刈り残してあったりするのも見かけます。
前述したように刈っただけでは駆除できませんが、そもそも駆除しなければならないという認識すらないようです。

これは、オオハンゴンソウに限ったことではなく、これまで紹介したほかの『気になる外来植物』でも同様なことが言えます。

北海道利尻島では民間ボランティアの人が外来植物のことを学び定期的に見回りをしながら駆除活動をしています。
佐渡島においても外来植物を今後どうしていくのか考える必要があるのではないかと思います。
(ドンデンではフランスギクの駆除活動が行われているようですが島を挙げた取り組みにはなっていないのが現状です。)


オオハンゴンソウ1





オオハンゴンソウ2
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1031-b78b122e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top