写真だより 佐渡発 

盛夏に咲くユリ2 オニユリ  

オニユリ(鬼百合) -ユリ科-


名の由来は花の色と様子が赤鬼のようだからと言われます。
そうして見れば、鬼太鼓(おんでこ)の島、佐渡にはお似合いのユリですね。
英語ではTiger lily(虎ユリ) ― これも花の斑点から付けた名前でしょうが、
Leopard lily(豹ユリ)の方がしっくりくる気がします。

佐渡では庭に植えられているのもよく見かけ、植栽か自生かわからないこともしばしばです。
何れにしても人間の生活感がある場所によく咲き、人里離れた場所ではほとんど見かけません。

よく似たコオニユリとの違いは
オニユリが全体的に大きいこと
葉の付け根にムカゴを付けること

大きさは比較してみないとわかりませんし個体差もあるので
ムカゴのあるなしで見分けるのが良いでしょう。
佐渡にはコオニユリはないのかもしれません。

オニユリのムカゴ
オニユリのムカゴ




オニユリ1





オニユリ2





オニユリ3
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1033-1ebaf671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top