写真だより 佐渡発 

盛夏に咲くユリ4 オオウバユリ  

オオウバユリ(大姥百合) -ユリ科-

花の頃には葉が枯れているので 葉が無い=歯が無いことから姥と名が付きました。
ウバユリより大型で花の数も多いのでオオウバユリ。
関東以西、四国、九州にウバユリ、中部以北、北海道にオオウバユリとすみ分けています。
背丈ほどに伸びた太い花茎に10個以上の花を付けるので豪華ですが
花が十分に展開せず、花弁も不揃いなので見た目はぱっとしません。
それでもこれがオオウバユリの個性なのですからこれはこれでいいのです。





葉が枯れかかっているのが判ります。
オオウバユリ6





道沿いに並んで生えていました。
オオウバユリ5





森の中に咲いていたもの。
オオウバユリ4





これぞオオウバユリ、数えてみると30個ほど花を付けていました。
西日本には、花が数輪しか付かないウバユリしか自生しないので、
これほど多くの花を付けているのを見ると驚きです。
オオウバユリ2


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1035-8a0ccf2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top