写真だより 佐渡発 

ミソハギ  

ミソハギ(禊萩・溝萩) -ミソハギ科-

名の由来は姿がハギに似て(といっても萩はマメ科で花は似ていない)禊(みそぎ)に使ったことから禊萩、
水辺を好み、溝に生えることから溝萩の字を当てることもあります。

お盆のころに咲き、盆花としてよく使われることからボンバナ、ショウリョウバナ(精霊花)などの名もあります。
お盆に作る精霊棚のごはんの横に配置されます。これは、お盆で供養する餓鬼は、のどが狭くごはんが食べられないことから、水とのどの渇きを抑える作用のあるミソハギを添えておくためです。
湿地や池のほとり、田の畔など湿気のあるところに生え、栽培もされます。

ミソハギ1





ミソハギ2





ミソハギ3
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1044-f344946f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top