写真だより 佐渡発 

コバギボウシ  

ミゾソバ咲く池に咲いていた花 その2


コバギボウシ(小葉擬宝珠) -ユリ科-

日本にギボウシの仲間は20種ほどあり、蕾の形が擬宝珠に似ています。
オオバギボウシに比べて小さいことから付けられた名まえです。
擬宝珠とはネギ坊主のことで、この形に似た橋や寺社の欄干に取り付けた飾りも擬宝珠と言います。
では宝珠とは何かということになるわけですが、仏教でいう如意宝珠ではないかと思われます。
さらに興味と関心のある方はお調べください。




コバギボウシ1





コバギボウシ2


余談ですが、
徳利でお酒を注ぐとき、注ぎ口のようなくびれたところから注いで注意を受けた経験はありませんか?
実はこのくびれは注ぎやすくするためではなく、神や仏への祈りを込めて口全体の形が擬宝珠(宝珠)形にしているのです。
ですから、くびれを上にして注がないと擬宝珠(宝珠)の形にならないのです。(諸説あり)

擬宝珠
擬宝珠


徳利の注ぎ方
徳利
スポンサーサイト
コメント

目から鱗です!
注ぎ口とばかり思っておりました(O_O)

明子 #- | URL
2017/10/07 05:12 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1046-4e9c961c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top