写真だより 佐渡発 

ミゾカクシ  

ミソハギが咲いていた池に咲く花 その3
正確にはミソハギが咲いていた池の近くの湿地(元は田んぼ)に咲いていました。

ミゾカクシ(溝隠) 別名:アゼムシロ(畦莚) -キキョウ科-

溝を隠すほど茂ることから付けられました。
別名は、田の畦に筵を敷いたように生える様子から。

花だけみるとキキョウ(キキョウ属)の花に似ていないのでキキョウ科とは思えませんが
同属(ミゾカクシ属)のサワギキョウの花の構造とよく似ています。
(それにしても、丈が1mほどにもなるサワギキョウでなく地を這うような小さなミゾカクシを属名にしてしまうのが植物学者、洒落ているなと思う私ですが、そうした理由は別のところにあるのでしょう。)

花は1㎝足らずと小さく、地面にへばりつくように生えていて多くの人は気にも留めません。

野草好きを自負する私はできるだけどの植物にも目と気持ちを向けていこうと思っています。
というか、ときめいてしまうんですよね。もしかして私の前前前世は昆虫?

ミゾカクシ1




ミゾカクシ2
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1047-6cf7e891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top