写真だより 佐渡発 

ヌスビトハギ  

ヌスビトハギ(盗人萩) -マメ科-


まず写真を見ていただきましょう。

ヌスビトハギ1

なぜ盗人(ぬすびと)なんでしょうか?





次の写真を見ていただきましょう。

ヌスビトハギ2

この写真でピンと来た人は凄い想像力!

同じマメ科の萩に似た花であることはわかりますが、
盗人とはどうして?

ヒント
果実の形にに注目してください。

これで分かった人もかなり凄い!










答えは

果実が泥棒の足跡に似ているから。

牧野富太郎先生によれば・・・
古来の泥棒は足音を立てないように、足裏の外側だけを地面に着けて歩いたとのことで、
実の形がその時の足跡に似ているとのこと。
いわゆる、抜き足、差し足、忍び足ということでしょうかね。



また、『盗人』が気づかないうちにその果実が人に取り付く性質からという説もあります。
なるほど、マジックテープのように服によく、くっ付きます。(実際にマジックテープのような構造をしています)

撮影に夢中になっているとそこいらじゅうにくっ付いて大変なことになります。
スポンサーサイト
コメント

後の説しか知りませんでした

前の説は初耳でした。
面白いですね^_^

うっかりすると沢山くっついて、取るのに四苦八苦したものです。

明子 #- | URL
2017/10/07 05:07 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1048-f5ee3911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top