写真だより 佐渡発 

盛夏に咲くユリ5 タカサゴユリ  

少し間が空きましたが、盛夏に咲くユリの第5弾をお届けします。


タカサゴユリ(高砂百合) -ユリ科-

早いものは盛夏から咲きますが、この花の見ごろは秋を感じる二十四節気『処暑』のころ。



25日付の新潟日報にこんな記事が載っていました。

堀口大学ゆかりのタカサゴユリ見頃 原黒のホテル
佐渡市原黒の「ホテルニュー桂」で、詩人・翻訳家の堀口大学(1892~1981)ゆかりのタカサゴユリが見頃を迎えている。ホテルのおかみ渡辺てるみさん(60)の父・故佐藤茂樹さんが、堀口から種をもらい育てたユリの子孫で、白く清らかな花が観光客を迎えている。

 堀口は東京生まれ、長岡育ち。フランス近代象徴詩を日本に紹介し、自らも多くの創作詩を残した。佐藤さんは生前、等弥(とみ)神社(奈良県桜井市)の宮司を務めており、堀口の旧友の作家・佐藤春夫の句碑が境内にあった縁で堀口と交流していた。

 佐藤さんが1974年に神奈川県の堀口宅を訪ねたところ、ユリの種をもらった。神社に持ち帰り、大切に育てて増やした。30年ほど前、娘の渡辺さんが佐渡へ嫁いだ後、佐藤さんは「堀口ゆかりの地である新潟でもユリを育ててほしい」と、種を毎年送ってきたという。

 渡辺さんは、ホテルの庭に種を植えるなどして少しずつ増やし、現在約50本を栽培している。「訪れた人が不思議な縁のあるユリの花を見て、堀口に関心を持ってもらえたらうれしい」と話している。




佐渡にいつ頃タカサゴユリが入ってきたのかわかりませんが
このホテルの庭に限らずたくさん見かけます。
そのどれもが、人家の庭かその周辺で見られ
はじめは人為的に植えられたもののように思われます。
その多くは庭の片隅や生垣の間、石垣の隙間などで
決して庭の主役ではないのです。
たくましい生命力で勝手に繁殖してきたのでしょう。
庭にあるからといって取り立てて世話をするわけでもなく
かと言って、草刈りのときは刈らずに残される。
ある意味自由気ままに咲き継いできたのでしょう。

新聞記事にある堀口大学ゆかりのタカサゴユリが増えたものなのか
それ以前にすでに佐渡にあったものなのかはわかりませんが
ニュー桂に比較的近い私の住む集落やその周辺では多く見られます。
(日本へは1924年に入ってきたとされます)


こんな感じで咲いています。
タカサゴユリ1




生垣の間から伸びて花を咲かせたもの。
タカサゴユリ5




背丈以上も伸びたものを見上げるようにして撮影。
テッポウユリとよく似ていますがテッポウユリより大型
タカサゴユリ3





タカサゴユリ2




花に赤紫色の筋が入るのが特徴(テッポウユリは筋が入らない)
タカサゴユリ4
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1061-f8b4203d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top