写真だより 佐渡発 

ナツエビネ  

ナツエビネ(夏海老根) -ラン科-

ここのところ多忙な日が続き、今日は久々の完全フリー。
家でゆっくりとひと休みと決め込んでいたのですが
予報に反して雨が降る気配がないので
これといったあてがあったわけではないのですが
撮影に出かけることにしました。

近場の林道に車を走らせても、これといった被写体は見つからず
雨が降り出しそうになったので
Uターンして帰途に就くことにしました。
それでもいつもの習性で、ゆっくりと車を走らせていると
見慣れぬ花が左側をかすめ、通り過ぎて車を停めました。

頭の図鑑を猛スピードでめくり、ヒットした花はひとつ。

まさか という疑いと
もしや という期待と

車を降りて後戻りすると なんとナツエビネ !
ヒットした花です。

林道脇に咲いているなんて思ってもみなかったこと。Amazing !!

しかも、これが初めての出逢い。


エビネの仲間で夏に咲くのでナツエビネ。
淡い赤紫色の花が涼し気でいい。

ナツエビネ1





ナツエビネ2





ナツエビネ3


環境省レッドリスト 絶滅危惧Ⅱ類



ウィキペディアによれば

園芸店などで全国的に販売されるが、暑さと湿度不足を嫌い、植物ウイルスの感染にも弱いので健全な状態で長期栽培することは難しい。関東以南の平低地・市街地では生きていても高温障害のため落蕾して観賞できない場合も多い。一般的には一時的・消費的な栽培しかできないためエビネ類の中では園芸的評価は低く、人工増殖しても採算が合わないことから野生採取個体が流通している。

とあります。
下線部の意味は
野生種を盗掘して売りに出されているということ。つまり、絶滅の危機に瀕する植物をせっせと採取して
野草愛好家と称される人が買い求め、一時的に楽しんだ後個体は枯れていくということの繰り返し。
一見、山野草を愛好しているように見えて実は野山から貴重な野草を積極的に絶滅に追い込もうとしている。
と言ったら言い過ぎでしょうか?
野山から直接採取された貴重な山野草を購入する行為は是非考えていただきたいと切に思います。
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1062-f61e99c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top