写真だより 佐渡発 

アメリカアサガオ  

秋に咲く蔓植物の第4弾

アメリカアサガオ(亜米利加朝顔) -ヒルガオ科-

今日からはや9月
ひんやりとした空気に秋の訪れを感じます。

朝顔と言えば夏の花のイメージが強いですが
俳句でも朝顔は秋の季語で、
実際、夏に咲き始めるものの花の盛りは秋を感じる頃。
秋がかなり深まっても見かけることがあります。


アメリカアサガオは中央・南アメリカ原産の帰化植物で
戦後、園芸種として日本に導入され急速に広まったようです。

花は見慣れた日本アサガオによく似ていますが少し小振りで
葉は切れ込みがさらに深いのですが、
注意深く見なければ、日本アサガオ見紛うことでしょう。



イヌビユに絡みついていたアメリカアサガオ発見。
アメリカアサガオ1






毛深くて深く切れ込んだ葉が特徴。
アメリカアサガオ2






この写真をよく見ると
葉の形に2種類あることが分かります。
つまり、切れ込みの深いものと
切れ込みのないハート型の葉のものです。

ハート型の葉のものを
マルバアメリカアサガオと言います。
蔓が二重らせん構造のように絡み合っているので
もはや、どちらの花なのかわからない状態です。
アメリカアサガオ3
スポンサーサイト
コメント

新市より

こちら新市の神谷川土手にも、沢山咲いています。葉っぱがハートだからマルバアメリカアサガオなのですね。
水色が朝にぴったりで、さわやかです。

戸田 #- | URL
2017/09/11 10:02 | edit

マルバアサガオというのもありますからチェックが必要ですね。

堅香子庵 #- | URL
2017/09/11 20:51 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1063-ee888be0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top