写真だより 佐渡発 

キンミズヒキとヒメキンミズヒキ  

キンミズヒキ(金水引) -バラ科-

名まえは細長い黄色の花穂を金の水引に喩え、
タデ科のミズヒキ(紅白の花)に対して付けられた名まえ。

花の頃はよいけれど、実はかぎ状の刺があり動物に運ばれますが、
当然、服にもよくつくので困ります。

キンミズヒキ1




キンミズヒキ2





ヒメキンミズヒキ(姫金水引) -バラ科-

よく似たヒメキンミズヒキは丈も花もキンミズヒキより小振りで花穂が垂れません。
雄しべの数や葉の形の違いを知っておくと見分けられます。
ヒメキンミズヒキ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1069-56be1fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top