写真だより 佐渡発 

エゾリンドウ  

エゾリンドウ(蝦夷竜胆) -リンドウ科-

秋を代表する花のひとつですが、秋の七草には含まれていません。
きっと、キキョウとリンドウどちらを七草に入れるか悩んだに違いありません。
私だったらリンドウの方に一票投じたかも。

日本に自生するリンドウの仲間で最も見栄えがするのが本種ではないでしょうか。
園芸種として売られているのはたいてい本種の栽培品だというのも頷けます。

山地の少し湿った日当たりのよい草原に咲きます。
ここはかつてキャンプ場だったところで、栄養状態が良いのか
大きな株が目立ちます。
エゾリンドウ6





エゾリンドウ5




栄養状態が悪いと花は茎頂にしか付きませんが
数段にわたって付いていて、花屋にあるものと見劣りしません。
エゾリンドウ1




リンドウは日が当たれば完全に開きますが
蝦夷竜胆の花は完全に開くことはありません。
エゾリンドウ2





旧キャンプ場の芝草原なので
じいじとばあばに登場してもらいました。
(通常は自生地に踏み込まないようにしなければなりません)
エゾリンドウ4
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1080-3f86f5f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top