写真だより 佐渡発 

コウライテンナンショウとヒロハテンナンショウ  

佐渡に自生するサトイモ科テンナンショウ属の花3種を春に紹介しましたが
今回はそのうちのコウライテンナンショウとヒロハテンナンショウの実を紹介します。


テンナンショウ属はいわゆるマムシグサの仲間。
茎に蛇を思わせるような模様があり(ないものもありますが)
花は、蛇が鎌首をもたげたような感じがするので
好まない人もいるようですが、私はこの花はとても美しいと思います。

さて、実ですが、これはインパクトのある赤で遠目にもよく目立ちます。
コウライテンナンショウとヒロハテンナンショウの見分けるポイントは
花が葉の上に位置するか下に位置するかです。

コウライテンナンショウ(高麗天南星) -サトイモ科-




コウライテンナンショウ3




コウライテンナンショウ3





ヒロハテンナンショウ(広葉天南星) -サトイモ科-



ヒロハテンナンショウ1





ヒロハテンナンショウ2
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1103-c54ac9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top