写真だより 佐渡発 

                        佐渡の野草や風景を写真で綴るブログです

キクタニギク  

キクタニギク(菊渓菊) 別名:アワコガネギク(泡黄金菊) -キク科-

京都東山の菊渓(きくたに)が名の由来。
本家、菊渓では本種が絶滅し、京都府ではこれを絶滅危惧種(準絶滅危惧)に指定しています。
佐渡では山間部の道路脇の法面など、ところどころで見かけます。

この菊には難しい問題があります。
中国・韓国由来の種子を用いた法面緑化により、日本各地で外来種としても定着しているというのです。

佐渡のものが、もともと自生していたものなのか、それとも中国や韓国由来のものなのか私にはわかりません。
一方で絶滅危惧種として扱われ、もう一方で帰化種が高速道路の法面でも見られるというのです。
見た目で容易に区別できないうえに、もともとの自生種と帰化種が自然交雑することもあり、
ますます区別することができなくなるという厄介な事態が起きてきます。

いつも言うことですが、当のキクタニギクには何の罪もありません。

キクタニギク1





キクタニギク2





キクタニギク4
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1106-5d1c924e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top