fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

ドンデン高原 秋 Part5  

30年間野草の写真を撮り続けてきましたが
まだまだ知らない野草がたくさんあります

林縁の湿った場所に咲いていたこの花の名前が解りませんでした
全体的な雰囲気はタデ科のように見えるけれど
花の感じはタデ科ではないような・・・
帰って調べてみてもタデ科の中にはそれらしいものがありません
図鑑に載っていないのかと諦めかけて
ぱらぱらと図鑑をめくっていると・・・ありました!
タニタデ(谷蓼)アカバナ科
タデ科ではなくアカバナ科でした
名前を付けた人もその佇まいからタデの名を当てたようです
タニタデ


ゲンノショウコ(現の証拠)フウロソウ科
ゲンノショウコは代表的な薬草
その効き目は確かで、「現の証拠」と名付けられるほど
広島で自生するのはほとんど赤花で白花は稀、佐渡のゲンノショウコは白花ばかりで
赤花は見ていません
一説には、
西日本では白花の方が薬効が強く、東日本では赤花の方が薬効が強いとされ
西日本では白花、東日本では赤花が選択的に採取されたために少なくなった
信ぴょう性は低いが、この説は面白い

佐渡で撮影した白花
ゲンノショウコ
ゲンノショウコ

広島で撮影した赤花
ゲンノショウコ
同じ花でも色の違いで雰囲気が違いますね


ドンデン高原の散策を終え、車で下る途中
ハンゴンソウにヒョウモンチョウが群れていました
車からだと警戒しないようです
ハンゴンソウとヒョウモンチョウ


野の花は野にあってこそ・・・
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/111-23fff04e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top