写真だより 佐渡発 

                        佐渡の野草や風景を写真で綴るブログです

オヤマボクチ  

オヤマボクチ(雄山火口) -キク科-

山菜の「山ごぼう」として売られているのは本種や同じアザミ類のモリアザミの根を加工したもの。
別種に「ヤマゴボウ」の標準和名をもつ植物があり、こちらはヤマゴボウ科で食用になりません。
野菜のゴボウもアザミの仲間で、オヤマボクチの葉はゴボウの葉によく似ています。
花が咲いたゴボウは見たことありませんが、図鑑で見るとアザミの仲間であることがよくわかります。

語源は、茸毛(葉の裏に生える繊維)が火起こし時の火口(ほくち)として用いられたことから

花が重いので大抵垂れかかるように茎が傾いて咲いています。

オヤマボクチ1





オヤマボクチ2





オヤマボクチ6





オヤマボクチ3





オヤマボクチ4





オヤマボクチ5
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1115-2bae375e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top