FC2ブログ

 写真だより 佐渡発 

 佐渡の野草や風景を写真で綴るブログです

イヌセンブリ  

イヌセンブリ(犬千振) -リンドウ科-


イヌ―と付く植物は意外に多く、ざっと挙げても「イヌムギ」、「イヌビエ」、「イヌホオズキ」、「イヌタデ」、「イヌハッカ」など・・・
イヌを取れば、麦(むぎ)、鬼灯(ほおずき)、蓼(たで)、薄荷(はっか)・・・ 
お気づきかもしれませんが、イヌの付かないものは食用など人間に有用な植物で、
イヌが付くものは、有用な植物に似ていながら「役に立たない」という意味でつけられたものが多いようです。

イヌセンブリはと言えば、胃腸薬になるセンブリに対してこちらは薬になりません。
センブリ特有の強い苦みもイヌセンブリにはありません。

ということで実際の犬とは無関係なのですが、
「犬」=「役に立たない」とは犬にとっては不愉快千万、迷惑至極、不本意この上なし。
私が誤るのもどうかと思いますが「大変申し訳ありません」


センブリを紹介したので、是非イヌセンブリも紹介したいと思っていたところ
願いが通じたのか、今日イヌセンブリに出逢うことができました。

センブリが乾いたところを好むのに対してイヌセンブリは湿った場所を好みます。
そのような場所では注意深く探してみるのですが、佐渡では出逢えていませんでした。

とある神社の参道の脇にぽつんと一株ありました。
初めセンブリかと思いましたが、イヌセンブリです。
試しに葉っぱを齧ってみましたが、苦味はありませんでした。


イヌセンブリ




花弁の付け根辺りから出る毛がセンブリより目立ちます。
イヌセンブリ2

最近、センブリも少なくなっていますが、
イヌセンブリは絶滅危惧Ⅱ類、センブリよりも希少なのです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1117-94514078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top