FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

続々と咲き始めた早春の花々2 アズマイチゲ  

アズマイチゲ(東一花)は
キクザキイチリンソウと同じキンポウゲ科イチリンソウ属の花で
一見よく似ているため混同している人も多いようですが、
慣れてしまうと間違えることはありません。

最も見分けやすいのは葉の形ですが
よく似た兄弟や双子でも家族はすぐに見分けられるように、
付き合うほどに全体の雰囲気から見分けられるようになり
車を運転しながらちらりと見ただけでもどちらか判断が付くようになります。


キクザキイチリンソウのように青系の花はなく白花ばかりです。(裏側がほんのりピンクのものもあります)
アズマイチゲ




数株まとまって咲いていることもありますが
アズマイチゲ2



ぽつりと咲いていることもあります。
アズマイチゲ3




このように群生していることは稀で、群生していてもまばらな印象があります。
アズマイチゲ群生





これはキクザキイチリンソウで、写真のように蜜に群生する傾向があります。
比べてみると密度の違いが判ると思います。
キクザキイチリンソウ群生







これまで紹介したフクジュソウ、キクザキイチリンソウ、アズマイチゲの三役揃い踏みです。
ほぼ同時期に咲きますが、こんなに3種がくっついて咲いているのは初めて見ました。
スプリングエフェメラル揃い踏み


明日はいよいよ、佐渡の早春を象徴する花の登場です。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1172-8e1fb6ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top