FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

爛漫  

春の一時期にぱっと花を咲かせて地上から姿を消してしまう
植物たちをスプリングエフェメラル(春の儚い命or春の妖精)
と呼びます。
これまで紹介したフクジュソウ、キクザキイチリンソウ、アズマイチゲ
これから紹介するであろうカタクリ、アマナ、ニリンソウ、エンゴサクなどがそうです。
オオミスミソウ(ユキワリソウ)、オウレンも早春の花ですが、
葉が枯れずに残るので厳密にはスプリングエフェメラルではないでしょうが
そんな堅いことは言わずに、それらを含めてもいいと思います。

さて、今日はそんなスプリングエフェメラルが爛漫に咲く様子をご紹介します。(撮影はすべて3月29日)


キクザキイチリンソウ 紫花中心の群生。
キクザキイチリンソウ群生3




キクザキイチリンソウ 白花と紫花がそれぞれの群落を形成しています。
キクザキイチリンソウ群生2




こちらはアズマイチゲ。
アズマイチゲはあまり密生しないと言いましたが、かなり蜜に群生していました。
フクジュソウもちらほらと入り交じっています。
アズマイチゲ群生1





フクジュソウ群生。
フクジュソウ群生1
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1174-b9562954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top