FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

夏のラン二種  

夏のラン二種



オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草)

7月4日、広島からの登山者を金北山へガイドしたとき
山頂にほど近いところでこの花と初対面しました。
まだ蕾で、一週間後ぐらいが見頃だろうと思い、
暑い中再度登るべきか思案していました。

そうしたら何ということでしょう。
スカイラインの車道脇にもあったのです。
その後、堅香子庵の近く、これまた車道沿いにあるとの情報があり
早速行ってみると、20株ほどありました。
コバノトンボソウが湿地に生えるのに対して
オオバノトンボソウは湿地ではない林下に生えます。
オオバノトンボソウ1



名まえは花の形からです。
トンボに見えますか?
オオバノトンボソウ2


この近くで昨年、ナツエビネを発見し撮影したのでそこへ行ってみました。
ところが、道路脇がきれいに草刈り機で刈られていて、
おそらくナツエビネも一緒に駆られてしまったと思われます。
来年、復活してくれることを願って帰りました。




ミヤマウズラ(深山鶉)
こちらも昨年見つけた場所に行ってみました。
昨年は撮影に行くのが遅くて花が終わっていたので
今年は少し早めに行ってみました。

やっぱり少し早かったようで花がまだ開いていません。
ミヤマウズラ1


辺りを探してみると、咲いているのがありましたよ。
ありがとう。
ミヤマウズラ3


花をクローズアップするとこんな感じです。
鳥が飛んでいるようにも見えます。
ミヤマウズラ2


名まえの由来は花の形ではなく
葉が濃緑色の地に白い網目状の斑が入り、
この模様がウズラの羽の模様に似ていることからです。
(一枚目の写真をもう一度見てください)

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1265-1feeb735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top