FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

再び白瀬へ その2  

春の花は陽気が良くないと開かないものが多いけれど
天気には関係なく開いているものもあります。
白瀬で撮影したそんな草花たちです。




エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)

フクジュソウ、オオミスミソウ、キクザキイチゲ、アズマイチゲ、キクバオウレンが早春の花の先駆け
これらはすべてキンポウゲ科の花たち。それに続いてこのエゾエンゴサク、カタクリなどが続きます。
因みに、エゾエンゴサクはケシ科、カタクリはユリ科です。エゾエンゴサクは開花すると閉じることはありませんが
カタクリは雨の日や夜は閉じてしまいます。

エゾエンゴサク2



エゾエンゴサク1





エンレイソウ(延齢草)

茶色の地味な花ですが、好きな花のひとつです。

エンレイソウ1



日光に透かすと表情が一変して、得も言われぬ美しさ。

エンレイソウ2





ウスバサイシン(薄葉細辛)

エンレイソウよりさらに地味な花。二枚の葉に隠れるように咲くので
この葉をよく知らなければ、見落として通り過ぎてしまうでしょう。
撮影にはいつも苦労させられますが、とても撮りやすい場所に咲いていてくれました。

ウスバサイシン3




ウスバサイシン1



たくさん咲いているのを見かけることはあっても、
このようにうまく撮影できるものに出逢ったのは初めてです。

ウスバサイシン2




ユリワサビ(百合山葵)

ワサビと同じアブラナ科の植物。
ワサビのような辛みはありませんが
山菜として食べることはできます。

ユリワサビ1



ユリワサビ2




最後は花ではなく葉っぱの写真です。

どちらも切れ込みの入った葉ですが
左の小さめの葉がニリンソウで右の大き目で切れ込みのより深いのがヤマトリカブト。
ニリンソウは山菜図鑑にも載っている食べられる野草で
トリカブトは言わずと知れた毒草です。
野草を採取して食べるのをテレビで見ることがありますが
判らないものは採らない方がいいですね。
ニリンソウとトリカブトの葉


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1456-480d7178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top