FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

金北山から白雲台へ  

金北山山頂から白雲台へ下る途中で撮影した花の写真です。


山頂直下で初対面したのは・・・

タケシマラン(竹縞蘭) -ユリ科-

「これは何の花ですか?」
そう尋ねられなかったら
私は気づかずに通り過ぎていたことでしょう。

何度となくこの場所を通って来たのに
初めてそこにあることを認識したのです。

オオバタケシマランは信州の山などで見たことはありましたが
タケシマランとの出逢いはこれが初めてです。

「タケシマランです。ランと名が付きますがユリの仲間です」
と、淡々と説明したつもりですが内心は興奮状態でした。
今日カメラを持つことを許し、さらにこの花を発見していただいたお客様に感謝です。
タケシマラン

秋には赤い可愛い実を付けます。そのころまた撮影に来ようと思います。



自衛隊管理道路の砂利道を歩くのは身体的にも気分的にも疲れます。
砂利道の間から咲いて励ましてくれる花が・・・

ミヤマハタザオ(深山旗竿) -アブラナ科-

丈は低く華奢で、旗ざおのイメージはありません。
ミヤマハタザオ



さらに下っていくとイワハタザオと入れ替わるように現れたのは・・・

イワハタザオ(岩旗竿) -アブラナ科-

ミヤマハタザオより大型で花も大きく見栄えがします。
砂利の上には生えず、道路のほとりのやや湿った場所が好みのようです。
イワハタザオ




やや乾いた斜面に小さな小さな花が一株だけありました。

フデリンドウ(筆竜胆) -リンドウ科-

ハルリンドウ、コケリンドウ、フデリンドウ
春咲くリンドウはどれも小さくて可愛い。
フデリンドウ




道路脇には、まだシラネアオイが残っていました。

シラネアオイ(白根葵) -シラネアオイ科-

シラネアオイ1


なんと、白花がありました。
道路脇なので不安がよぎります。
「いつまでもここで咲くんだよ」と声をかける私。
心無い人に連れていかれないように祈るだけです。
シラネアオイ2



無事、白雲台に到着です。
家に帰るとすぐに写真をフォトカードにしてお二人の宿に届けたのでした。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1504-aa1f7505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top