FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

ツバメオモトに逢いに行く その1  

22日、ガイドで歩いたドンデン周辺でツバメオモトが咲いていたので
後日ツバメオモトが多い和木登山口からドンデンに向けて歩きました。


石名天然杉遊歩道入口でもある登山道を登ると
日当たりのよい斜面に黄色い花がいっぱい咲いていました。

エチゴキジムシロ(越後雉莚) -バラ科-
これだけたくさん咲いていると『筵』の名に納得です。
キジムシロが7枚の小葉なのに対して、
エチゴキジムシロは5枚の小葉、
しかも下の2枚が極端に小さいので3枚に見えます。
エチゴキジムシロ1


花の中心が濃くなっていますが、これは虫を蜜の在り処まで誘引するためだと思われます。
エチゴキジムシロ2



この日見たスミレを紹介します。

ミヤマスミレ(深山菫)
ほぼ終わりに近い時期ですが、美しいのが残っていました。
ミヤマスミレ



スミレサイシン(菫細辛)
花期の早いスミレで、そろそろ見納めです。
スミレサイシン



オオタチツボスミレ(大立壺菫)
見慣れたオオタチツボとは少し印象が違うように思います。
もしかすると、ムラカミタチツボスミレ(タチツボスミレとオオタチツボスミレの自然交雑種)
かもしれません。
オオタチツボスミレ


ナガハシスミレ(長嘴菫) 別名:テングスミレ(天狗菫)
それにしても長い距ですね。
ナガハシスミレ


こちらもナガハシスミレですが、少し雰囲気が違います。
これも、もしかするとイワフネタチツボスミレ(オオタチツボスミレとナガハシスミレの自然交雑種)
かもしれません。
ナガハシスミレ(イワフネスミレ?)




このコースは湿地のような場所が多くあるので
そのような場所を好む植物が見られます。

その代表は・・・


ザゼンソウ(坐禅草) -サトイモ科-
アオネバ登山道、ドンデン周遊路、金北縦走路などでも見られますが、
登山道から遠いので撮影に苦労します。そのため、登山道を外れて
踏み込んだ跡を目にしますが、とても見苦しいばかりか、
登山道から花を遠ざけてしまう結果となってしまうので慎むべきです。

こんな写真が撮りたいと思うなら、『登山道から外れない』を心掛け
根気よく良い被写体を探すことに労を費やすべきです。
(以下の3枚はすべて登山道から撮影したものです)
こんな場所も、ずかずかと踏み込む人が増えれば
やがてこんな写真は撮れなくなってしまいます。
ザゼンソウ1

ザゼンソウ3

ザゼンソウ2


ザゼンソウは少しぬかるむような水の溜まった場所を好みますが
水が溜まらない沢沿いの湿った場所を好むのが・・・

サンカヨウ(山荷葉) -メギ科-
『荷』は荷物という意味のほかにハス(蓮)の意味があり、
つまり山にある蓮の葉に似た植物という意味になります。
葉には鋸歯がありますが、ハスの葉のように丸く大きな葉です。
サンカヨウ1


私はこんな写真が撮りたいから、我慢して登山道を踏み外さないのです。
サンカヨウ2




遅くまで雪が残っていた場所ではまだカタクリが残っていました。

カタクリ(片栗) -ユリ科-
沢山の中から根気よく良い被写体を探します。

群生の中から並びのよいとっころを選んで・・・
カタクリ2


形や向きの面白いものを選び、背景の木洩れ日の配置にも気を付けて・・・
カタクリ


奥に咲くカタクリの一群を狙い、手前のカタクリのボケを入れて華やかに・・・
カタクリ3


群生するカタクリを地面すれすれの場所から狙い、開放絞りで主役の花を浮き立たせて・・・
カタクリ4


続きはまた明日。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1507-8d682ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top