FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

レンゲツツジを撮影に  

昨日のブログで書いたように、レンゲツツジの撮影にも行きました。(5月29日)

ドンデン高原からマトネに向かう前にドンデン高原を散策しました。


雨上がりの澄んだ青空に緑と避難小屋の赤い屋根が映えます。

ナナカマド(七竈) -バラ科- 
ナナカマド



ウラジロヨウラク(裏白瓔珞) -ツツジ科- 
ドンデン高原周辺は、レンゲツツジ、ウラジロヨウラク、ホツツジ、ハナヒリノキ、ハクサンシャクナゲなど
ツツジ科の木がたくさんあり、今はレンゲツツジとウラジロヨウラクが咲いています。
昨夜の雨で水滴が付いて素敵でした。
ウラジロヨウラク





レンゲツツジ(蓮華躑躅) -ツツジ科-
ドンデン高原で今一番目立つ花がレンゲツツジです。
レンゲツツジ1




レンゲツツジを撮影するという目的はドンデン高原で果たせたわけですが
折角なのでマトネ近くのレンゲツツジも撮影しに行くことにしました。
ここから約1時間半、しかもきつい登り。我ながら好きだなあと思いつつ
マトネへ向かったのでありました。


その途中・・・

シラネアオイ(白根葵) -シラネアオイ科- 
何とか一輪残っていましたが、もう見納めですね。
シラネアオイ



ツクバネソウ(衝羽根草) -ユリ科-
 数は違いますが、アナログ時計の文字盤のようjに見えたので
それを意識して撮影してみました。
ツクバネソウ



カタクリ(片栗) -ユリ科- 
すっかり果実になっていました。
熟すと裂けて種が地面に落ちます。
種にはエライオソームというアリが好む付属体があり
アリはせっせと種を集めて巣に運びます。
エライオソームだけを集め、不要になった種は巣の外へ運び出し、辺りに捨てます。
こうしてカタクリの種はアリによって適度に拡散されていくわけです。
カタクリ果実



マトネに到着、ここから10分ほど下ったところに目的のレンゲツツジがあります。
26日の縦走ガイドの時の方が状態は良かったのですがまずまずでした。
レンゲツツジ2


いい位置に雲があったので慌てて構図を変えて撮影。
レンゲツツジ4

撮影して引き返していると、一人の男性がやって来て
「花は咲いていますか?」と尋ねたので、
「もう春の花はほぼ終わっていて、今はこれと言ってないですね
金北山近くまで行けば、シラネアオイが残っていると思います」
と答えると、「それじゃあ、引き返そう」と言って私と一緒にドンデンまで行くことになりました。
それが昨日登場した高知から来た人です。
聞けば車中泊をしながら東北、北海道を巡って帰るそうです。

朝は妻に送ってもらい、帰りは2時10分発のドンデンライナーバスで降りる予定でしたが
発車時刻まではまだ3時間もあるので、駄目元で乗せてもらえないかお願いしたところ
「いいよ、いいよ」と二つ返事で承諾してもらえたので乗せていただくことになりました。

ドンデン山荘の駐車場の高知ナンバーの車のすぐわきにトリガタハンショウヅルがあったというわけです。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1510-1b0e3c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top