FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

白雲台周辺で撮影した草の花  

白雲台周辺で撮影した草の花


ツルマンネングサ(蔓万年草) -ベンケイソウ科- 
これは、平地に近い場所で撮影したもの
外来種で、道端に大群生していました。
ツルマンネングサ1

五弁の黄色い花は美しいですが、蔓を伸ばして蔓延って(はびこって)いきます。
ツルマンネングサ2




ハナニガナ(花苦菜) -キク科- 
黄色いものをハナニガナ、白いものをシロバナニガナと言います。
別々に咲くことが多く、混生しているのはあまり見ません。
ハナニガナ2種


花が黄色いハナニガナ
ハナニガナ


花が白いシロバナニガナ
シロバナニガナ




デワノタツナミソウ(出羽の立浪草) -シソ科- 
5月25日に紹介したデワノタツナミソウですが、標高800m以上のところで見ごろになっています。
まず全体を撮影した後、どこを切り取るか考えた挙句、次の写真のようになりました。
デワノタツナミソウ1


上の写真のどこを切り取ったかわかりますよね。
デワノタツナミソウ2
手前のフキの葉を意識して、葉影から覗くようなアングルから撮影しました。
普通は、開放絞りにして前ボケを大きくしますが、
フキの葉だということが分かるように絞り込んでいます。




フランスギク(仏蘭西菊) -キク科- 
ヨーロッパ原産の外来種で、急速に増えています。
ドンデン高原では駆除をし始めていますが追いつかないスピードで増えています。
白雲台周辺では見られなかったものが、最近見られるようになってきました。
先日のガイドしたお客さんが「きれいならいいんじゃないの」と言われましたが
果たしてそれでいいのでしょうか?フランスギクには何の罪もありませんが
私は駆除の対象とすべきだと思っています。
フランスギク



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1522-f205d1dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top