FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

ハクサンシャクナゲの撮影に行く  

高山性のシャクナゲであるハクサンシャクナゲが
大佐渡の800m以上の場所に自生しています。
金北山縦走路のマトネの近くに大株の木があり、
花芽がたくさん付いているのを見ていたので
それを撮影しようと思い行ってみました。


その道中で撮影したものを紹介します。

アオネバ登山口付近から中腹にかけて
エゾアジサイが見頃を迎えていました。


エゾアジサイ(蝦夷紫陽花) -アジサイ科-  
ヤマアジサイの一亜種で、多雪地域に分布します。
ヤマアジサイより全体的に大きく花も豪華です。


沢のほとりに咲いていたもの。
涼しげでいいですね。
エゾアジサイ1


ほとんどがこのような青っぽい色ですが・・・
エゾアジサイ2


ピンク色のものも稀に見られます。
よく、土壌が酸性かアルカリ性か
によって色が変わると言われますが
写真のように同じ場所で色が違うので、
関係ないように思われます。
エゾアジサイ3


このような色のものもありました。
ご存知の方も多いと思いますが、
アジサイの花に見えるのは萼で
その中心に小さく見えるのが花。
中央にかたまって小さく見えるのも花で、
この写真では右寄りのやや上に
4輪咲いたのが見えます。
エゾアジサイ4
ピント位置は花の雄しべの先です。



最後はイメージ重視の写真です。
エゾアジサイ5
ピント位置は右真ん中の花の中心

このように花の撮影ではピントをどこに合わせるかが非常に重要です。
最近のカメラは自動でもしっかりピントを合わせてくれますが
人間の顔はとくいでも花では思ったところに合わせてくれません。
だから私はほぼ100%手動でピント合わせをします。





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1540-3d0c4ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top