FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

妙見山は秋の気配  

立秋が過ぎても暑い日が続きます。
皆さま、残暑お見舞い申し上げます。

暑い平地を逃れて、妙見山に出かけてみました。

家を出た時の車の温度表示が29度
高度を上げるにしたがって気温は下がり
登山口では23度でした。

平地は夏真っ盛りですが、大佐渡の尾根はすでに秋の気配が漂い
妙見山の初秋を代表する花、マツムシソウが見頃になっていました。

ドンデン高原のツリガネニンジン同様に
マツムシソウの七変化をお届けします。


マツムシソウ(松虫草) -マツムシソウ科- 

わずかに赤味掛かった淡いブルーの花が風に揺れる姿は涼し気で
この花を見ると秋が来たことを実感します。
マツムシソウ2



妙見山腹のマツムシ平一帯はその名に違わぬマツムシソウの群生地で
ツリガネニンジンとともにお花畑を形成していました。
ツリガネニンジンはドンデンでも妙見山でも見られるのに
ドンデン高原ではマツムシソウは一切見られず
妙見山付近ではヤマハハコが一切見られません。
尾根伝いに10kmほどしか離れていないのに、
しかも似た環境なのに、どうしてなのでしょう?
マツムシソウ7



花のクローズアップ。
不揃いな花弁が独特の雰囲気を醸し出します。
マツムシソウ5



虫が止まっている花の右に見えるのが花の後
下に見えるのが蕾、どれもが愛らしい姿をしています。
マツムシソウ8



蕾です。ほら、可愛いでしょ!
マツムシソウ9



ザレ場に咲くものは丈が低く、タカネマツムシソウと言って差し支えないと思います。
マツムシソウ6



いかにも高山植物と言った感じのマツムシソウ。
マツムシソウ4


明日は、妙見山で撮影したその他の花をお届けします。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1579-fb9c5842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top