FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

節度と風情  

摘みとりて 見ればいよいよ 紫の
いろの澄みたる りんだうの花    [若山牧水]

野の花のりんだう家居の妻に摘む [森川暁水]

わが手に摘みし野の花の一輪ぞこれ[木戸夢郎]

これらの短歌や俳句には風情が感じられ、節度も詠みとれます。
今では、花は花屋などでお金を出して手に入れるものになりましたが
野に咲く花を摘んで、愛でたり、飾ったり、お墓に供えたりということを
昔は普通に行なっていました。今でもそうした習慣が残る所もあるでしょう。
野に花もたくさんあったし、摘む人にも節度があり、風情があったように思います。
盗掘したり、やみくもに摘んでしまう行為には節度も風情もあったものではありません。




エゾリンドウ

毎年、澄んだ青い花を咲かせている妙見山のエゾリンドウの一番大きな株が
根元からバッサリと切られていました。秋の彼岸の供え花にしたのでしょうか?
一株で50本ほど花をつけていたから、個人的にお供えするにしては多すぎる。
ご近所に分けてあげた?それは考えにくい。まさか、この花束がお金に見えた?
栽培の花だけでなく、稀に自生の草花が売られているのを見かけたことがあります。
そこには節度も風情の欠片もない。供えられた(飾られた)リンドウもうれしくあるまい。

株が残っているから来年も咲いてくれるといいのですが。なんとも心が痛い。





昨年撮影した同じ株。花束のような見事な株でした。
(リンドウは牧水が詠んだように紫の花、エゾリンドウは青い花をつけます)
エゾリンドウ2


はじめて佐渡を訪れた2008年、栗ヶ沢登山道の「縦池の清水」に着くと
お地蔵さんの花入れに一輪のシラネアオイが挿してありました。
貴重な植物を手折るとは何事か、と目くじらを立てる人もいるかもしれませんが
私はそのとき、ほほえましく思ったのです。なぜならそこに節度と風情を感じとったからです。
誤解のないように言っておきますが、どこでもこれをやってよいかと言うとそうではありません。

スポンサーサイト



コメント

ありがとうございます。

フォトエッセイをご注文いただいた方々から届きましたの便りが届いています。ご感想を聞かせていただけると嬉しいです。特に私と面識のない方に買っていただけたこと、有り難いことです。感謝します。

堅香子庵 #- | URL
2019/10/01 21:23 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2019/10/02 04:58 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1626-5851ab36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top