FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

鬼の舌震  

この日最後に訪れたのは奥出雲の『鬼の舌震(おにのしたぶるい)』。
舌震は花崗岩地帯で、斐伊川の支流大馬木川の急流の長年の浸食によって造られた約2㎞にわたるV字狭谷。
河岸には切り立った絶壁、谷底には折り重なる巨岩と川の流れが生み出した侵食地形が特異な景観を作り出し、
国の名勝・天然記念物に指定されています。

かつてこの地に玉日姫という美しい女神が住んでおり、その女神をワニが慕い、夜な夜な通ってきたのですが、
それを嫌った女神は巨岩で川をせき止めて阻んでしまいました。その後、ワニは一層激しく姫を恋い慕い、
「ワニが慕った」が転じて『鬼の舌震』という名前になったといわれています。
(以上、『奥出雲町公式観光ガイド』より抜粋)


高さ45m、長さ160mの「舌震“恋”吊橋」は2013年にできたそうです。
鬼の舌震2




鬼の舌震3




鬼の舌震1



名まえを忘れましたが、「鬼の目から涙がこぼれる」ような流れ。
鬼の目に涙



とても見ごたえがある渓流でした。
春にも行ってみたい気がしますが
まだ佐渡暮らしが続くので、当分
春に訪れることは無理のようです。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1642-3fbf158b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top