fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

山菜採り  

山菜採りに出かけました。
山菜を採るとき、いつも思うことは
野草の盗掘を戒めるのに
同じ野草である山菜を採ることは良いのかという問い。

盗掘を戒めるのは、
確実に自然から或る種(しゅ)を
絶滅に追い込む危険性があるから。

では山菜はどうでしょう。
翌年以降、同程度の再生産が
できない状況であるなら
山菜も採取を控えるべきでしょう。

タラの芽の新芽をすべて採取してしまえば
その木は枯れてしまうといわれています。
すべて採らずに数芽残すのがマナー。
コシアブラの新芽を採取しようと
その木を切り倒して採る人がいるとも聞きます。
これはもってのほかの行為です。

カタクリはかつて、その球根から
でんぷんをとったといいます。
けれど、今はジャガイモからとっています。
名まえだけは相変わらず片栗粉でも
中味はジャガイモのでんぷんです。
今でもカタクリの葉や球根を食べる習慣が
ある地方はあります。豊富であればそれも可能です。
同じことを広島でやるとひんしゅくを買うでしょう。

ある山菜が、そこに潤沢に自生していて
同程度の再生産が可能である場合にのみ
節度を持って必要量だけ採取する
というのが私の考え方ですが、
それさえも許されないとする考え方もあるでしょう。


前置きはこれくらいにして
ともあれ私は山菜採りに出かけました。



採取した山菜は右から順に
オオウバユリ
アマドコロ
ミヤマイラクサ(アイコ)
ヤブカンゾウ(オオギナ)
ヨブスマソウ(ウドナ、ボーナ、ボンナ)
クサソテツ(コゴミ、コゴメ)
山菜
オオギナ以外は佐渡に来て初めて採取して
食べるようになった山菜です。
この他にも、佐渡に来てこれまで
フキノトウ、ツクシ、ウド、ウワバミソウ(ミズナ、ミズブキ)
タラノメ、コシアブラ、ハンゴンソウ、ワラビ、ゼンマイ
ネマガリタケ、セリ、ワサビ、アケビの芽(コノメ)などを
舌で愉しませていただきました。
山の恵みに感謝です。



山菜採りの帰り道
イワカガミがこんなに咲いているのに出くわして
あまりの早さに驚きました。
イワカガミ




新芽が逆光に美しく輝いていました。
新芽



採った山菜の一部は、下処理をして
少し広島に持ち帰りました。


ブログ最終日まであと1日
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1776-3ac93a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top