FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

オトメスミレ  

スミレの第13弾はオトメスミレです。

オトメスミレ(乙女菫)

何とも良い名前を付けてもらったものです。
牧野富太郎博士が箱根の乙女峠で発見したそうで
タチツボスミレの白花のものをそう呼ぶのです。

オトメスミレ1






距に紫色が残るものを言い、
距まで完全に白いものは白花タチツボスミレと言います。
下の写真のものは距がほぼ白いので白花と呼んでもいい
個体かもしれません。

オトメスミレ2


カタクリやシラネアオイなど、
ほかの植物でも白花のものを見かけますが
特に、別の名まえは付けられておらず
白花のカタクリ、シラネアオイの白花などと呼びますが
スミレの仲間は、花の色や葉の形の変異、
交雑種にそれぞれ別の名前が付けられています。
細かな分類がスミレの世界を複雑にしていて
難しいのですが、だから魅力が増すのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2020/05/15 14:26 | edit

スミレにはオトメ(乙女)もヒメ(姫)も
ヒナ(雛)もあるのに、イケメン系の名を
冠したものはありません。
他の植物でも女性に例えたものはあっても
男性に例えたものは覚えがありません。
美しいもの、可愛いものの例えには
やっぱり女性が似合いますよね。
それと、命名者の多くが男性であることも影響しているかもしれません。

堅香子庵 #- | URL
2020/05/15 19:47 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1792-25bfd200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top