fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

初夏の芦田川河川敷に咲く野草 1  

初夏の芦田川河川敷に咲く野草を
4回にわたってお届けします。


今回はマメ科の4種です。

下の写真には3種のマメ科植物が写っています。

シロツメクサ(白)とアカツメクサ(赤)とナヨクサフジ(紫)
アカツメクサほか




ナヨクサフジ(弱草藤)-マメ科-

ヨーロッパ原産の帰化植物。
茎は細く自力で立つこともできず、
他の植物に絡まって伸びるために
弱いという字が当てられていますが、
とんでもありません。旺盛な繁殖力で
他の植物を圧倒する勢いです。

佐渡の国府川の土手にも大繁殖していましたが
芦田川河川敷にも大繁殖し、年々増えています。

下の2枚は写真映えする場所を選んで撮影しているので、勢いの凄さは伝わらないでしょう。
ナヨクサフジ5


ナヨクサフジ1




花だけ見ればなかなかフォトジェニックです。
ナヨクサフジ2




近づけばマメ科であることがよくわかります。
ナヨクサフジ4




白花を見つけました。
ナヨクサフジ3





シロツメクサ(白詰草)

クローバーの名でお馴染みのシロツメクサですが
ヨーロッパ原産の外来種で、1846年オランダから
献上されたガラス製品の緩衝材として、乾燥したものを詰めていたのでこの名が付いたようです。
また、家畜の飼料用としても持ち込まれました。

花が白いものをシロツメクサ
赤いものをアカツメクサと覚えやすいようですが
赤味が掛かったシロツメクサを見ることもあり
白いアカツメクサもあるので用心が必要です。

シロツメクサはお馴染みなので、
ちょっと見慣れない感じで写してみました。
シロツメクサ1





アカツメクサ(赤詰草)-マメ科-

まずは、芦田川河川敷の大群生から
アカツメクサ2





下の写真を見てわかるように
赤味の強い個体、白っぽい個体があります。
アカツメクサ5


アカツメクサ3





続いては、私の好きな感じのものを2枚
アカツメクサ4


アカツメクサ6






どアップで
アカツメクサ1





最後はアカツメクサの白花です。
アカツメクサ白花






さらにマメ科の植物をもう一つ

コメツブウマゴヤシ(米粒馬肥し)-マメ科-

米粒の名の通り小さな黄色い花ですが
たくさん咲くので見つけるのは容易い。
シロツメクサ同様、家畜の飼料になることから
「馬肥し」の名が付いています。
これに非常によく似たコメツブツメクサがあり、
その見分けは難しく、慣れが必要です。
コメツブウマゴヤシ

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1803-7de5bc02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top