FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

大山に行ってきました 2  

大山三ノ沢を登るのは10年ぶりくらいです。
大山の崩壊は著しく、ここは砂防堰堤の工事が絶えません。
このコースは登山道になっていますが、
登山地図に掲載されておらず、知る人ぞ知るコースです。
久しぶりだったため、途中でコースを見失ってしまい
かなり時間をロスしていました。

林床で撮影した花を紹介します。


アカフタチツボスミレ(赤斑立壺菫) -スミレ科-

タチツボスミレの一品種で
葉脈に沿って赤紫色の斑が入るものです。
普通のタチツボスミレと混生していました。
左下に斑のないタチツボスミレが見えています。
アカフタチツボスミレ2


残念ながら花はほぼ終わっていました。
アカフタチツボスミレ1



オオイワカガミ(大岩鏡)
-イワウメ科-


これはブナの林床に咲いていたもので
林内に生えるものの葉は青々していて
日当たりのよい岩場に生えるものは
葉が赤味掛かるものが多いようです。
オオイワカガミ





クルマバソウ(車葉草)-アカネ科-

見ての通り、葉が放射状に付き車輪を思わせます。
クルマバソウ1



輪生した葉の中心から花茎を伸ばし
白い小さな花を咲かせます。
クルマバソウ3




このように群生しています。
クルマバソウ2





ニョイスミレ(如意菫)-スミレ科-

花期の遅いニョイスミレは今が盛りと咲いていました。
ニョイスミレ1


ニョイスミレ2





ユキザサ(雪笹) -ユリ科-

広島県民の森で撮影したものをすでに紹介しましたが
大山ではこのような群生を見ることができました。
ユキザサ1


ユキザサ2




ルイヨウショウマ(類葉升麻) 
-キンポウゲ科-

名の由来は葉が升麻(サラシナショウマ)に似ていることから。
葉の形が似ていることから名が付いた植物は他にも
ルイヨウボタン(類葉牡丹)
トチバニンジン(栃葉人参)
モミジバハグマ(紅葉葉白熊)
キクバクワガタ(菊葉鍬形)
などがあります。

佐渡ではルイヨウボタンはたくさん見ましたが
ルイヨウショウマは見ませんでした。
久しぶりの再会です。
ルイヨウショウマ


砂防堰堤がいくつも続く三ノ沢の最後に
最も高い堰堤があり、それを巻くように上ると
広いザレ場に出ます。

続きは明日。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2020/06/05 13:19 | edit

佐渡では堅香子庵のある集落の中でも見られたクルマバソウでづが、広島ではかなり山深い場所でなければ見ることができません。好きな野草のひとつです。

堅香子庵 #- | URL
2020/06/05 20:39 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1811-72dc6d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top