FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

鯉が窪湿原の花 4  

ノハナショウブ(野花菖蒲)-アヤメ科-

ハナショウブ(花菖蒲)、カキツバタ(杜若)、アヤメ(菖蒲)を
区別せずに「あやめ」と呼ぶ人がいます。
水郷潮来(茨城県)などの『あやめ祭』は大抵が
アヤメではなくハナショウブ。
アヤメはどちらかと言えば乾いた土壌を好むので
水郷など水分の多いところは苦手です。

『何れ菖蒲か杜若』と言われるように、どちらも
似通っていて美しく、優れて甲乙付け難いもの
に喩えられます。勿論、花菖蒲も甲乙付け難い。

アヤメは花弁の付け根が網目(綾目)になっていて
ハナショウブとカキツバタはなっていません。

因みに、佐渡金北山縦走路にある通称『アヤメ池』
に自生するのはカキツバタです。
広島県上下町のあやめ祭りはハナショウブです。

ハナショウブの野生種がのノハナショウブです。
凛と立つ、美しい姿が表現できたでしょうか?
ノハナショウブ1



シモツケソウとススキの葉が雰囲気を盛り上げてくれました。
ノハナショウブ2
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1840-02fe3622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top