fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

夏のラン 2  

「あと一週間後くらいが見頃になると思いますよ」とSさんから聞いていたのに
待ちきれずアケボノシュスランに逢いに行ってきました。

到着は午前五時前、空には冬の星座のオリオン座が見えていました。
冬の大三角の近くにひと際明るい金星があります。いわゆる明けの明星ですね。

撮影にトライはしましたが、うまく写りませんでした。


夜が明けるまでに見晴らしの良い所まで行こうと先を急ぎ、日の出前に形の良い山をシルエットにワンカット。
山歩きをよくする人ならどこの山か判るかもしれませんね。
立烏帽子2







少し目線を下に落として撮影。
間もなく夜明け








折角早起きしてきたのだからと、植物と朝日を絡めて撮影しました。
主役はワレモコウ、脇役はススキ、背景は朝日という舞台の一幕。
シルエットが似合う絶妙な取り合わせだと思いませんか?
夜明けとワレモコウ





朝日を浴びるワレモコウ。
並びが絶妙でした。
ワレモコウ1






ケルンと夜明け。
こんなケルンがある山は県内にあまりないので、判った人も多いのでは。
石の小さな隙間に太陽を入れて撮っています。まともに太陽を撮ると、私の使っている比較的安価なレンズではこのような光芒はなかなか出ません。
ケルンと夜明け







朝日に輝く朝露に濡れたホツツジ

ホツツジ(穂躑躅)-ツツジ科-

ツツジ科ですが、いわゆるツツジの花のイメージとはずいぶんかけ離れています。
大佐渡の山でもたくさん見かけた植物で北海道から屋久島まで分布します。
ホツツジ1








イワショウブ(岩菖蒲)-ユリ科-

鳥取県大山が分布の西南限と言われていましたが広島県でも見つかり西南限となっています。
名まえは葉が菖蒲に似ていることから。
イワショウブ1





風に揺れて撮影に苦労しましたが、苦労するほど愛おしく思ってしまいます。
イワショウブ2


肌寒ささえ感じた夜明け前ですが、日が昇るとすぐに暑さを感じ、手ごわい残暑がまだ続きそうだと実感。
日差しを避けて樹林帯に入り、お目当てのランの咲いている場所へ・・・

続きはまた明日!
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1891-e0a5762a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top