fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

当てもなく出かけたら・・・3  

11時、帝釈峡到着。

ここも前回来てからまだ一か月経っていませんが、どんな花が見られたでしょう。



シュウカイドウ(秋海棠)-シュウカイドウ科-

帰化植物で純粋な自生種ではありません。日陰の湿った場所を好み帝釈の環境には合っているのでしょう。
シュウカイドウ1





いわゆるベゴニアの仲間です。
シュウカイドウ2



下向きに咲くので、花の中心は見えませんが形が面白いですね。
シュウカイドウ3




こんな感じの花です。ベゴニアを知っている人なら納得でしょう。
シュウカイドウ4







ヤマゼリ(山芹)-セリ科-

前回はカノツメソウとヒカゲミツバを紹介しましたが、今回はヤマゼリです。
とはいうものの、どれもよく似ていて、実は自信はありません。
ヤマゼリ1



シダの葉陰のヤマゼリ
ヤマゼリ2



ピント位置を変えれば、シダの写真に早変わり。
羊歯




これは何なんでしょう?
ヤマゼリでよいのでしょうか?
せり科の植物

写真では背景が真っ暗ですが、肉眼では背景は暗いものの見えています。
これもカメラの目にスイッチを切り替えれば、暗闇に浮かび上がる植物の姿が見えるようになります。
こんな写真を見た人が「夜撮影したのですか?」と言われることがあります。
もし、夜にフラッシュをたいて撮影したら植物がべたに白っぽく浮かび上がり全く違った印象の写真になるでしょう。


続きはまた明日。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1907-b0aeacb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top