FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

当てもなく出かけたら・・・4  

帝釈の続き


アザミの仲間、2種

タイシャクアザミ(帝釈薊)-キク科-

帝釈の名を冠した植物のひとつです。
手元の図鑑では、花期が10~11月となっているので違うかもしれません。
アザミの仲間も似たものが多いので同定にはいつも苦労します。
タイシャクアザミ





ビッチュウアザミ(備中薊)-キク科-

さて、こちらも自信がありませんが岡山県と広島県の一部に自生するビッチュウアザミでよいのでしょうか?
ビッチュウアザミ1

鯉が窪で3種、帝釈で2種のアザミの仲間を紹介しましたが、正確にはアザミ属とトウヒレン属の植物で、違う属なのですが見た目が似ているので便宜上アザミの仲間としました。





ミズヒキ(水引)-タデ科-

いつも撮影に苦労させられる花。見た目以上に撮れた例がありません。
ミズヒキ1





なので、こんな奇をてらった撮り方でごまかしています。
正攻法でうまく撮りたいものです。
ミズヒキ2





実を2種


ダイコンソウ(大根草)-バラ科-
ダイコンソウ




フジカンゾウ(藤甘草)-マメ科-

実はヌスビトハギにそっくりです。
ヌスビトハギの実は→こちら
フジカンゾウ1




これは全く何かわからない植物です。
花だけ見るとユリ科のようです。花茎は地面から直接出ていました。葉は見当たりませんでした。
花茎の断面はギザギザしています。園芸種なのでしょうか?一株だけでした。
不明1


続きはまた明日。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1908-48529a64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top