fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

当てもなく出かけたら・・・5  

当てもなく出かけたら・・・の最後は、花以外の写真です。



これは帝釈峡の名勝『雄橋』のたもと(?)にある石積みです。
佐渡の北端、願地区にある賽の河原にもありますが、ここの石積みがどんな意味があるのかはわかりません。
石積み

もう何十回と帝釈には来ていますが、雄橋は撮影してもこれを撮影するのは初めてです。
予め、何かの花を撮影しようと目的をもってここに来ていたらおそらく撮影しなかったでしょう。
目的がないというのもたまにはいいものです。





これは定番の水に映った緑です。
水面の緑1




上下を逆さまにすると、油絵のようで面白いですね。
水面






手前の岸の緑を入れて撮ると、状況が分かります。
ただ、後ろが水面だと知らなければ最初は不思議に見えるかもしれません。
水面の緑





帝釈周辺は石灰岩でできていて、雄橋も石灰岩が長い年月をかけて削り取られてできた国内最大級の天然の石橋です。
(6月に撮影したもの)
雄橋

周辺には『鬼の唐門』『鬼の供養塔』など石灰岩の奇岩が多く見られます。
また『白雲洞』という鍾乳洞もあります。
今回、白雲洞に入ってみることにしました。
今回で2度目、おそらく前回入ったのは20年以上前だと思います。
入り口で見学料300円を払い、現在はコロナ対策のためマスクをして入ります。
奥行きは200mほどで10分もあれば見学でき、洞内は年中11℃、ひんやりを通り越して寒いくらい。

高い所では20mほどあります。
白雲洞1





兔岩と名付けられた岩ですが、耳の部分だけ撮影。
白雲洞3






『満月岩』
人工的に作ったのではないかと思うほど真ん丸な形。
白雲洞

白雲洞に入ったのも、当てもなく出かけてきたからだと思います。
20年以上も前のことなので、洞内の記憶はなく、初めて入ったような新鮮な印象でした。
勿論撮影は初めてです。


当てもなく出かけたら・・・シリーズを終わります。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/1909-99ffd179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top