fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

アーカイブ4 安東の民宿  

アーカイブ 第4弾は・・・

韓国、安東の民宿

韓国を旅したのは2009年の暮、初めての海外旅行は海外ひとり旅に慣れた友に連れていってもらった。
仁川(インチョン)から空路釜山入りし、高速バスと鉄道を乗り継いで慶州(キョンジュ)安東(アンドン)
そしてソウルに2泊の5泊6日の行程。
往復の航空機チケットのほかは現地で決める旅で、到底私一人では叶わない素敵な旅でした。

写真は3泊目、安東市の河回村(ファフェマウル)の民宿で撮影したもの。
安東駅に着いた時、その日の宿はまだ決まっていませんでした。
訪れた民俗博物館でスタッフに紹介してもらって決めた民宿です。

河回村は農村における両班(リャンバン)の伝統的な生活様式を保存している「民俗村」で、村全体が韓国の重要民俗文化財に指定されており、2010年慶州市の良洞村とともにユネスコの世界遺産に登録されました。

当時集落の中に民宿は5軒ほどあり、その中で、丁度1軒だけ空き部屋があった宿にしたわけです。
両班の家の造りは中庭を囲むように正方形の形に建屋があり、床下にはオンドルがあっていわゆる床暖房になっているわけです。
世界遺産に登録された現在では事前予約なしで民宿に泊まることは難しいかもしれません。

明け方、別の建屋にあるトイレに行こうと部屋を出て見上げると酷寒の空が囲まれた屋根の形に浮かび上がっていました。
氷点下15度でしたが、その美しさにカメラを持ち出し撮影したのです。

河回村

夕食は他の宿泊者や女将さんと一緒、注文したビールは2Lほどのペットボトル入りで開栓され半分ほどになったものでしたが
高級なホテルでは絶対に味わうことのできない素晴らしい経験でした。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/2015-51d601be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top